【2018年FIFAワールドカップ】各グループの初戦結果と第2戦日程を確認

4年に一度のサッカーの祭典『2018年FIFAワールドカップ ロシア大会』が現地時間の14日に開幕した。

開幕戦では開催国のロシア代表がサウジアラビア代表と対戦し5-0で大勝。

大会2日目にはグループリーグ最大の注目カードとされていたポルトガル代表対スペイン代表の試合が行われ、試合は打ち合いの展開となり3-3で引き分けた。

この試合ではポルトガル代表のエースFWクリスティアーノ・ロナウドがハットトリックを達成している。

また前回大会王者で優勝候補のドイツ代表はメキシコ代表と対戦し0-1でまさかの敗戦。

同じく優勝候補のブラジル代表はスイス代表と1-1の引き分け、アルゼンチン代表もアイスランド代表と1-1で引き分けた。

そして最後のグループで登場した日本代表はコロンビア代表と対戦。

厳しい戦いが予想されていたが、相手選手が開始早々に退場処分となったこともあり、数的優位に立った日本が2-1で勝利した。

スポンサーリンク

波乱の連続…各グループの初戦結果まとめ

各国のグループリーグ初戦の試合結果は以下の通り。

【グループA】
ロシア 5-0 サウジアラビア
<得点>
[ロシア] 前半12分:ユーリ・ガジンスキー
[ロシア] 前半43分:デニス・チェリシェフ
[ロシア] 後半26分:アルテム・ジュバ
[ロシア] 後半45+1分:デニス・チェリシェフ
[ロシア] 後半45+4分:アレクサンドル・ゴロヴィン

*開幕戦は、出場国32ヵ国中最もランキングの低い2ヵ国(ロシアが最下位の70位、サウジアラビアが下から2番目の67位)による対戦だった。

(因みに日本は下から3番目の61位)

そしてロシアは直近の試合では7戦未勝利で、開催国としては厳しい戦いが予想されていた。

しかし試合では前半12分という早い時間帯でユーリ・ガジンスキーの大会第1号が決まりロシアが先制すると、その後は圧巻のゴールラッシュを見せ終わってみれば5-0の大勝。

ロシアが地元大声援の前で開幕前の不安を一蹴した。

 

エジプト 0-1 ウルグアイ
<得点>
[ウルグアイ] 後半44分:ホセ・マリア・ヒメネス

*ウルグアイはFWスアレスや同カヴァーニらが先発した一方、エジプトはエースのFWサラーがベンチスタート。

試合はエジプトがゴール前で粘りの守備を見せ0-0でしのいでいたが、終了間際の後半44分にFKからDFヒメネスが相手選手に競り勝ちヘディングシュートをゴール右隅に決め先制。

この得点が決勝点となり、ウルグアイが苦しみながらも初戦をものにした。

エジプトのFWサラーはケガの影響で状態が良くなかったのか、結局この試合での出場はなかった。

 

【グループB】
モロッコ 0-1 イラン
<得点>
[イラン] 後半45+5分:オウンゴール(アジズ・ブハドゥズ)

*同グループにポルトガルとスペインが同居するため、グループ突破を果たすためには両チームとも勝利がほしい一戦。

モロッコはアフリカ最終予選を無失点無敗で突破、イランもアジア最終予選無敗で失点も最終戦での2失点のみで、両チームとも最終予選で3試合が0-0というスコアだった。

試合はそんな堅守を誇る2チームによる対戦となり、0-0のままお互い得点なく終盤へ突入。

この試合も両チームお得意の0-0で終わるかと思われた後半アディショナルタイム5分、イランは左サイドでFKを獲得すると、ゴール前に入れたボールにモロッコのFWブハドゥズがヘディングでオウンゴールを献上。

このオウンゴールが決勝点となり、イランが劇的勝利で初戦をものにし20年ぶりにワールドカップで勝利を手にした。

 

ポルトガル 3-3 スペイン
[ポルトガル] 前半4分:クリスティアーノ・ロナウド(PK)
[スペイン] 前半24分:ジエゴ・コスタ
[ポルトガル] 前半44分:クリスティアーノ・ロナウド
[スペイン] 後半10分:ジエゴ・コスタ
[スペイン] 後半13分:ナチョ・フェルナンデス
[ポルトガル] 後半43分:クリスティアーノ・ロナウド

*グループリーグ最大の注目カードとされていたイベリア半島対決。

上位対決だけに、この試合に勝利した方はグループ突破へ前進する一戦だったが、開始早々の4分にポルトガルがPKを獲得すると、これをエースのFWクリスティアーノ・ロナウドがゴール右に決めて先制。

その後はスペインがFWジエゴ・コスタの個人技によるゴールで同点とするが、ポルトガルは前半終了間際にクリスティアーノ・ロナウドがシュートを放つとスペインGKデ・ヘアが防ぎきれずにゴールに吸い込まれ、2-1とポルトガルがリードし後半へ。

後半に入るとスペインが再び反撃を開始。

10分にFKからジエゴ・コスタが再び得点し2-2の同点とすると、その3分後にはDFナチョ・フェルナンデスがポストに直撃しゴールに吸い込まれるスーパーボレーを叩き込み2-3とスペインが勝ち越しに成功。

それでも、このままスペインが逃げ切るかと思われた終了間際の43分、やはりこの男はすごかった。

ポルトガルはペナルティーエリア外やや右でFKを得ると、これをクリスティアーノ・ロナウドが直接ゴール右上に決めて同点に。

試合はこのまま終了し、クリスティアーノ・ロナウドがハットトリックと大活躍し点の取り合いとなった注目の一戦は、3-3のドロー決着となった。

 

【グループC】
フランス 2-1 オーストラリア
[フランス] 後半13分:アントワーヌ・グリーズマン(PK)
[オーストラリア] 後半17分:ミル・ジェディナク(PK)
[フランス] 後半36分:ポール・ポグバ

*優勝候補にも挙げられているフランスは、予選で苦しみながらも出場権を獲得したオーストラリアと対戦。

前半はお互い決め手を欠き迎えた後半13分、フランスはペナルティーエリア内でFWグリーズマンが倒されるとこの時点で笛は吹かれなかったが、今大会から導入のVAR(ビデオアシスタントレフェリー)を主審が確認しPKの判定。

これをグリーズマンが冷静に決めてフランスが先制。

しかしオーストラリアもその4分後に相手選手のハンドでPKを獲得すると、MFジェディナクが決めて同点に。

それでもフランスは後半36分にMFポール・ポグバが技あり決勝点 ⇒ のちにオウンゴールに訂正)を挙げて2-1で競り勝ち、初戦をなんとか白星で飾った。

 

ペルー 0-1 デンマーク
[デンマーク] 後半14分:ユスフ・ポウルセン

*グループ突破第一候補のフランスに次いで突破するために両者とも勝ち点3がほしい一戦。

試合は前半終了間際にペルーがPKを得るが、これをMFクエバがゴールの上に外してしまう。

すると後半14分にデンマークのFWポウルセンが決勝点を挙げデンマークが1-0で勝利し初戦で勝ち点3を獲得した。

一方、36年ぶりの出場となったペルーはPK失敗が響き、痛すぎる黒星スタートとなった。

 

【グループD】
アルゼンチン 1-1 アイスランド
[アルゼンチン] 前半19分:セルヒオ・アグエロ
[アイスランド] 前半23分:アルフレッド・フィンボガソン

*エースのFWメッシの活躍次第では優勝も狙えるアルゼンチンは、ユーロ2016で躍進した初出場のアイスランドと対戦。

試合は前半19分にFWアグエロのゴールでアルゼンチンが先制するが、その4分後にアイスランドはゴール前のこぼれ球をFWフィンボガソンが押し込み同点に追いつく。

そして勝負の分かれ目となったのが後半に獲得したアルゼンチンのPK。

これをメッシが蹴るが、アイスランドGKハルドルソンに止められてしまい勝ち越しできず。

試合はこのまま1-1で引き分け、アルゼンチンにとっては痛い引き分けとなった一方、初出場のアイスランドはワールドカップ初の試合で貴重な勝ち点1を獲得した。

 

クロアチア 2-0 ナイジェリア
[クロアチア] 前半32分:オウンゴール(オゲネカロ・エテボ)
[クロアチア] 後半26分:ルカ・モドリッチ(PK)

*ビッグクラブの中心選手として活躍する選手を多く擁するクロアチアは、アフリカ予選で厳しいグループに入りながら最速で出場権を獲得したナイジェリアと対戦。

試合は前半32分、クロアチアがCKから最後はオウンゴールにより先制。

さらにクロアチアは後半26分、PKを獲得するとこれをMFモドリッチが冷静に決めて追加点を奪う。

このまま試合は終了し、2-0と快勝したクロアチアが初戦で勝ち点3を獲得した。

 

【グループE】
コスタリカ 0-1 セルビア
[セルビア] 後半11分:アレクサンダル・コラロフ

*優勝候補筆頭のブラジルと同グループのため、なんとしても勝利がほしい両チーム。

試合は後半11分、セルビアがペナルティーエリア外右でFKを得ると、これをDFコラロフが直接決めた。

左足で放たれたボールは、コスタリカのGKナヴァスも触れないゴール右上隅に決まってセルビアが先制。

結局このゴールが決勝点となり、セルビアが初戦で貴重な勝ち点3を獲得した一方、前回大会ベスト8と大躍進したコスタリカは今大会黒星スタートとなった。

 

ブラジル 1-1 スイス
[ブラジル] 前半20分:フィリペ・コウチーニョ
[スイス] 後半5分:シュテフェン・ツバー

*優勝候補筆頭のブラジルは、上位進出を狙うスイスと対戦。

大会前の強化試合で充実した結果を残した両チームによる対戦は前半20分、MFフィリペ・コウチーニョの弧を描いた見事なミドルシュートがゴール右隅に決まりブラジルが先制。

それでもスイスは後半5分、CKのボールにMFツバーが頭で合わせて同点に。

その後はブラジルが攻勢に出るが勝ち越し点は奪えず、このまま試合終了。

好調で誰もが優勝候補と認めるブラジルの初戦は引き分けスタートとなり、スイスも貴重な勝ち点1を獲得した。

 

【グループF】
ドイツ 0-1 メキシコ
[メキシコ] 前半35分:イルビング・ロサノ

*前回大会王者で連覇を狙うドイツは、近年の大会でベスト16の壁を中々超えられないメキシコと対戦。

試合は予想通りドイツ攻勢の時間が増える中、前半35分にメキシコがカウンターからFWロサノが先制点を挙げる。

先制点を奪われたドイツは後半猛攻を仕掛けるがあと一歩のところで得点を奪えず。

結局前半に挙げた1点を守り切ったメキシコが王者ドイツを1-0で破るという波乱を巻き起こした。

ドイツは大会前の親善試合でも勝利を挙げられない試合が続き不安の声も上がっていたが、大会初戦でいきなりつまずき、連覇へ向けて不安が募る結果とななった。

 

スウェーデン 1-0 韓国
[スウェーデン] 後半20分:アンドレアス・グランクヴィスト(PK)

*メキシコがドイツに勝利したことを受け、なんとしても勝ち点3がほしい両者。

試合は膠着状態の中、勝敗を分けたのはVARでの判定だった。

後半20分になろうかというところでスウェーデンのMFクラエソンがペナルティーエリア内で倒され、その時は笛は吹かれなかったものの、その後VARの確認によりPKの判定となる。

これをDFグランクヴィストが冷静にGKの逆を突き決めてスウェーデンが先制。

結局これが決勝点となり、予選でイタリアを60年ぶりの敗退へ追いやったスウェーデンが初戦で貴重な勝ち点3を獲得した。

 

【グループG】
ベルギー 3-0 パナマ
[ベルギー] 後半2分:ドリース・メルテンス
[ベルギー] 後半24分:ロメル・ルカク
[ベルギー] 後半30分:ロメル・ルカク

*前回大会ベスト8で今大会ではそれ以上を狙う黄金世代ベルギーは、予選最終戦で逆転勝利し劇的初出場を決めたパナマと対戦。

前半は苦戦し得点を奪えなかったベルギーだが、後半開始早々2分にFWメルテンスがボレーを決め先制すると、その後はFWルカクが同24分、30分と立て続けに得点を奪い3-0で快勝。

FIFAランク上位陣が揃って勝利を逃す中、ベルギーは初戦を勝利で飾ることに成功した。

 

チュニジア 1-2 イングランド
[イングランド] 前半11分:ハリー・ケイン
[チュニジア] 前半35分:フェルジャニ・サシ(PK)
[イングランド] 後半45+1分:ハリー・ケイン

*近年のワールドカップでは上位に食い込めず、前回大会に至ってはグループリーグ敗退と屈辱を味わったイングランドは、アフリカ予選を無敗で突破したチュニジアと対戦。

試合は前半11分にCKからFWハリー・ケインが押し込み先制。

しかし前半のうちにチュニジアのサシがPKを決めて1-1の同点に。

そして後半に入りスコアは動かず引き分けに終わるかと思われた後半アディショナルタイム、イングランドはまたしてもCKから最後はケインが合わせて土壇場で勝ち越しに成功。

エースFWケインの2得点によりチュニジアに2-1で競り勝ったイングランドが白星スタートに成功した。

 

【グループH】
コロンビア 1-2 日本
[日本] 前半6分:香川真司(PK)
[コロンビア] 前半39分:フアン・フェルナンド・キンテーロ
[日本] 後半28分:大迫勇也

*大会開幕2ヵ月前に前ハリルホジッチ監督を電撃解任した日本は、前回大会ベスト8に入り今大会ではそれ以上の結果も期待されるコロンビアと対戦。

試合は開始早々にコロンビアMFサンチェスがペナルティーエリア内で日本の決定機を手で阻止したとして一発退場となる波乱の幕開けに。

そしてこのプレーで得たPKを香川真司が冷静に決めて日本が早々先制に成功。

その後、10人となり引いて守るコロンビアに対して日本が余裕を持ってボールを回せるようになるが、最後のシュートチャンスでゴールマウスをとらえきれず。

すると前半39分、ペナルティーエリア外右でFKを与えると、これをMFキンテーロに直接決められてしまい同点に追いつかれる。

それでも後半28分、CKのボールに大迫勇也が競り勝ちヘディングシュートを決めて2-1と勝ち越しに成功する。

このまま試合を終わらせることに成功した日本が見事コロンビアを2-1で撃破し、大会前の予想を覆し初戦で勝ち点3を獲得した。

 

ポーランド 1-2 セネガル
[セネガル] 前半38分:オウンゴール(チアゴ・ランゲル・チオネク)
[セネガル] 後半15分:エムバイェ・ニアン
[ポーランド] 後半41分:グジェゴシュ・クリホヴィアク

*拮抗したグループを突破するために両チームとも勝利がほしい一戦は前半38分、セネガルがシュートを放つと相手選手に当たりオウンゴールで先制。

さらにセネガルは後半15分に相手GKとDFの連係ミスからボールを奪ったFWニアンがそのまま独走し無人のゴールへ決め2-0とする。

その後ポーランドはFKからMFクリホヴィアクが頭で合わせて1点を返すが、2-1で逃げ切ったセネガルが初戦で勝ち点3を獲得した。

各グループ初戦を終えての順位表

各グループ初戦を終えての順位表は以下の通り。

順位 グループA 試合 勝ち 分け 負け 得点 失点 勝点
1 ロシア 1 1 0 0 5 0 +5 3
2 ウルグアイ 1 1 0 0 1 0 +1 3
3 エジプト 1 0 0 1 0 1 -1 0
4 サウジアラビア 1 0 0 1 0 5 -5 0

グループA詳細

*首位ロシアと2位ウルグアイはともに第2戦勝利でグループリーグ突破が決定
*逆に3位エジプトと最下位サウジアラビアはともに第2戦敗れるとでグループリーグ敗退が決定

 

順位 グループB 試合 勝ち 分け 負け 得点 失点 勝点
1 イラン 1 1 0 0 1 0 +1 3
2 ポルトガル 1 0 1 0 3 3 0 1
2 スペイン 1 0 1 0 3 3 0 1
4 モロッコ 1 0 0 1 0 1 -1 0

グループB詳細

*首位のイランは第2戦スペインに勝利でグループリーグ突破が決定
*最下位のモロッコは第2戦ポルトガルに敗れるとグループリーグ敗退が決定

 

順位 グループC 試合 勝ち 分け 負け 得点 失点 勝点
1 フランス 1 1 0 0 2 1 +1 3
2 デンマーク 1 1 0 0 1 0 +1 3
3 オーストラリア 1 0 0 1 1 2 -1 0
4 ペルー 1 0 0 1 0 1 -1 0

グループC詳細

*首位フランスと2位デンマークはともに第2戦勝利でグループリーグ突破が決定
*逆に3位オーストラリアと最下位ペルーはともに第2戦敗れるとグループリーグ敗退が決定

 

順位 グループD 試合 勝ち 分け 負け 得点 失点 勝点
1 クロアチア 1 1 0 0 2 0 +2 3
2 アルゼンチン 1 0 1 0 1 1 0 1
3 アイスランド 1 0 1 0 1 1 0 1
4 ナイジェリア 1 0 0 1 0 2 -2 0

グループD詳細

*首位クロアチアは第2戦アルゼンチンに勝利でグループリーグ突破が決定
*最下位ナイジェリアは第2戦アイスランドに敗れるとグループリーグ敗退が決定

 

順位 グループE 試合 勝ち 分け 負け 得点 失点 勝点
1 セルビア 1 1 0 0 1 0 +1 3
2 スイス 1 0 1 0 1 1 0 1
3 ブラジル 1 0 1 0 1 1 0 1
4 コスタリカ 1 0 0 1 0 1 -1 0

グループE詳細

*首位セルビアは第2戦スイスに勝利でグループリーグ突破が決定
*最下位コスタリカは第2戦ブラジルに敗れるとグループリーグ敗退が決定

 

順位 グループF 試合 勝ち 分け 負け 得点 失点 勝点
1 スウェーデン 1 1 0 0 1 0 +1 3
2 メキシコ 1 1 0 0 1 0 +1 3
3 ドイツ 1 0 0 1 0 1 -1 0
4 韓国 1 0 0 1 0 1 -1 0

グループF詳細

*首位スウェーデンと2位メキシコは第2戦ともに勝利するとグループリーグ突破が決定
*逆に3位ドイツと最下位韓国は第2戦ともに敗れるとグループリーグ敗退が決定

 

順位 グループG 試合 勝ち 分け 負け 得点 失点 勝点
1 ベルギー 1 1 0 0 3 0 +3 3
2 イングランド 1 1 0 0 2 1 +1 3
3 チュニジア 1 0 0 1 1 2 -1 0
4 パナマ 1 0 0 1 0 3 -3 0

グループG詳細

*首位ベルギーと2位イングランドは第2戦ともに勝利するとグループリーグ敗退が決定
*逆に3位チュニジアと最下位パナマは第2戦ともに敗れるとグループリーグ敗退が決定

 

順位 グループH 試合 勝ち 分け 負け 得点 失点 勝点
1 日本 1 1 0 0 2 1 +1 3
2 セネガル 1 1 0 0 2 1 +1 3
3 コロンビア 1 0 0 1 1 2 -1 0
4 ポーランド 1 0 0 1 1 2 -1 0

グループH詳細

*首位日本は第2戦セネガル戦に勝利し、もう一試合でコロンビアがポーランド戦引き分け以上だとグループリーグ突破が決定
*コロンビアとポーランドは負けた方が、日本対セネガルの結果次第では第3戦を待たずにグループリーグ敗退決定の可能性あり

各グループ第2戦日程まとめ

各グループ第2戦の日程は以下の通り。

【グループA】
6/19(火)ロシア 27:00 エジプト
6/20(水)ウルグアイ 24:00 サウジアラビア

【グループB】
6/20(水)ポルトガル 21:00 モロッコ
6/20(水)イラン 27:00 スペイン

【グループC】
6/21(木)デンマーク 21:00 オーストラリア
6/21(木)フランス 24:00 ペルー

【グループD】
6/21(木)アルゼンチン 27:00 クロアチア
6/22(金)ナイジェリア 24:00 アイスランド

【グループE】
6/22(金)ブラジル 21:00 コスタリカ
6/22(金)セルビア 27:00 スイス

【グループF】
6/23(土)韓国 24:00 メキシコ
6/23(土)ドイツ 27:00 スウェーデン

【グループG】
6/23(土)ベルギー 21:00 チュニジア
6/24(日)イングランド 21:00 パナマ

【グループH】
6/24(日)日本 24:00 セネガル
6/24(日)ポーランド 27:00 コロンビア

*全試合日程一覧はこちら⇒2018年FIFAワールドカップ全試合日程一覧

スポンサーリンク