U-20女子ワールドカップ2018が開幕!

 

20歳以下の女子で世界一を決める『U-20女子ワールドカップ2018』が今夜開幕した。

この大会の開催国はフランスで、出場国は各大陸予選(各大陸選手権)を勝ち抜いた16ヵ国。

U-20女子日本代表も昨年中国で開催された「AFC U-19女子選手権2017」で優勝を成し遂げたため、大会上位3ヵ国に与えられるこのワールドカップへの出場権を獲得していた。

開催地はフランスの中でも北西部に位置するブルターニュ地域のヴァンヌ、コンカルノー、サン・マロ、レオンの4都市(町)で、4都市(町)それぞれにある4スタジアムが会場となっている。

今日5日に開幕した大会は、今月24日(現地時間)に決勝戦が行われる予定。

スポンサーリンク

開幕戦でメキシコがブラジルに勝利

そして先ほど行われた開幕戦では、グループBの北中米カリブ海のメキシコが南米のブラジルと対戦。

試合は開始早々の前半4分にメキシコが先制するが、直後の同6分にブラジルが同点に追いつくと同17分にブラジルが逆転。

前半を1-2とブラジルのリードで折り返すが、後半にメキシコが2点を奪って3-2と再び勝ち越す。

試合はこのまま終了し、メキシコがブラジルとのシーソーゲームを3-2でものにして初戦を勝利で飾った。

 

【グループB】第1戦
メキシコ 3-2 ブラジル

<得点者>
前半4分:[メキシコ] カティ・マルティネス
前半6分:[ブラジル] ケロリン・ニコリ
前半17分:[ブラジル] ケロリン・ニコリ
後半7分:[メキシコ] ジャクリーン・オヴァジェ
後半18分:[メキシコ] ジャクリーン・オヴァジェ

 

メキシコは第2戦で前回王者の北朝鮮と対戦。

一方のブラジルは第2戦でイングランドと対戦する。

日本は6日深夜にアメリカと初戦

そしてグループCの日本代表は現地時間6日にアメリカ代表との初戦を迎える。

アメリカはこのU-20女子ワールドカップで最多3回の優勝を誇る強敵であり、女子A代表でもワールドカップの優勝が3回、オリンピックの金メダルが4回と、国際大会で最多の優勝回数を誇る。

しかしながら、日本は前回2016年大会でアメリカと3位決定戦で対戦しており、この時は1-0で勝利している。

 

試合は現地時間6日(月)19時30分、日本時間6日(月)26時30分キックオフとなっている。

会場はコンカルノーにある「Stade Guy Piriou」。

 

グループリーグで日本はアメリカとの初戦を終えると、9日に第2戦でスペインと、13日に第3戦でパラグアイと対戦する。

【日本代表 グループリーグ試合日程】
8月6日(月)26時30分キックオフ
会場:コンカルノー

グループリーグ第1戦 アメリカ戦

8月9日(木)23時30分キックオフ
会場:コンカルノー

グループリーグ第2戦 スペイン戦

8月13日(月)20時30分キックオフ
会場:ヴァンヌ

グループリーグ第3戦 パラグアイ戦

*キックオフはすべて日本時間

 

 

*参照*
U-20女子ワールドカップ2018

スポンサーリンク