【U-20女子ワールドカップ2018】日本がベスト8入り…準々決勝ではドイツと対戦

現在フランスで開催されている、20歳以下の女子で世界一を争う『U-20女子ワールドカップ2018』。

大会はグループリーグの最終戦となる第3戦を各グループが行い、ベスト8進出国が出揃った。

U-20女子日本代表“ヤングなでしこ”も第3戦でパラグアイ代表と対戦して6-0と大勝。

この結果日本は同グループのアメリカをかわして2位へ浮上し、ベスト8入りを果たした。

ベスト8には日本の他フランス、オランダ、イングランド、北朝鮮、スペイン、ドイツ、ナイジェリアが進出した。

日本代表は17日(日本時間18日)の準々決勝でベスト4入りをかけてドイツ代表と対戦する。

スポンサーリンク

日本、宝田と植木のハットトリックでパラグアイに大勝しベスト8入り

グループCの日本は初戦でアメリカに1-0で勝利したものの第2戦ではスペインに0-1で敗れ、2位までに与えられる決勝トーナメント進出圏外の3位となっていた。

日本は第3戦のパラグアイ戦で4点差以上で勝利すれば2位以上が確定し、自力でグループ突破を決められる状況だった。

3点差以下の勝利だった場合でも、同グループもう一試合でアメリカがスペインと引き分け以下に終われば、またアメリカが勝利した場合でも得失点差でスペインかアメリカどちらかを上回ることができれば突破。

もし日本がパラグアイと引き分けかもしくは敗れた場合でも、アメリカ対スペインの結果次第では突破できるという状況だった。

パラグアイはここまで初戦でスペインに1-4で、第2戦でアメリカに0-6で敗れていたため、日本は4点差以上で勝利し自力突破を決めたいところだった。

そして日本時間昨夜に行われたパラグアイ戦、結果は日本が6-0で大勝。

この結果、自力でのグループ突破を決めた。

 

日本は前半5分に左サイドからのクロスを宝田沙織がニアで合わせて早々に先制。

同18分には相手のゴールキックを高い位置で跳ね返すと、抜け出した宝田が再び決めて2-0とする。

そして同44分には左からのクロスに植木理子が倒れこみながら頭で合わせて3-0。

さらにその4分後の同アディショナルタイムには、左サイドで崩すとゴール前でフリーの植木が再び決めて4-0として前半を終える。

後半に入り13分、日本は相手のハンドでPKを得るが、キッカーの長野風花が左に蹴ったボールは相手GKに防がれてしまう。

それでもその直後の同15分、左からのクロスを植木が合わせてハットトリックを達成し、日本が5-0とする。

さらにその1分後の同16分には、裏に抜け出した宝田がゴールを決めこちらもハットトリックを達成し、日本が6-0とする。

その直後に日本はPKを与えてしまうが、キッカーがゴール左隅を狙ったシュートはGKスタンボー華が右手を伸ばしてセーブし失点を許さず。

このまま試合は終了し、宝田と植木のハットトリックで日本が6-0と大勝してベスト8へ進出した。

 

【グループC】第3戦

「日本 6-0 パラグアイ」

<得点>
[日本]
前半5分:宝田沙織
前半18分:宝田沙織
前半44分:植木理子
前半45+3分:植木理子
後半15分:植木理子
後半16分:宝田沙織

 

そして同じ時間に行われた同グループもう一試合のスペイン対アメリカは、2-2で引き分けた。

スペインが前半に2点を先制するも、後半終盤立て続けにアメリカが得点を奪い引き分けに持ち込んだ。

この結果、2勝1分けの勝ち点7でスペインが首位突破。

日本は2勝1敗の勝ち点6となり、2位で突破が決定した。

アメリカは1勝1分け1敗の勝ち点4で3位となり敗退。

パラグアイは3戦全敗勝ち点0の最下位での敗退となった。

日本は2大会連続のベスト4入りを目指し準々決勝でドイツ代表と対戦

グループCを2位で突破しベスト8入りを決めた日本代表は、グループDを1位で突破したドイツ代表と準々決勝で対戦する。

ドイツはこの大会アメリカと並び最多3回の優勝を誇る強豪国である。

日本はドイツに勝利すれば、3位となった前回2016年大会に続き2大会連続でベスト4入りが決定する。

試合は日本時間17日26時30分(現地時間17日19時30分)キックオフ。

 

【準々決勝】

「ドイツ - 日本」

キックオフ:8/17(金)日本時間26:30キックオフ
スタジアム:スタッド・ドゥ・ラ・ラビーヌ(ヴァンヌ)

 

またその他のグループでは、グループAの開催国フランスが第3戦でオランダに4-0と快勝し1位突破を決めた。

一方の大敗したオランダも2位で突破を決めている。

グループBではイングランドがメキシコに6-1で圧勝し1位で突破。

もう一試合では前回王者の北朝鮮がブラジルに2-1で競り勝ち、2位で突破を決めている。

そしてグループDではドイツがハイチに3-2で勝利し3戦全勝の1位突破で日本と対戦することとなった。

もう一試合ではナイジェリアが終了間際の劇的ゴールで中国と1-1で引き分け、2位での突破に成功している。

日本戦を含めた準々決勝の組み合わせは以下の通り。

【準々決勝】

8/16(木)
スペイン 23:00 ナイジェリア

フランス 26:30 北朝鮮
8/17(金)

イングランド 23:00 オランダ
ドイツ 26:30 日本

*キックオフは日本時間

 

*参照*
U-20女子ワールドカップ2018

スポンサーリンク