国際親善試合日程一覧(2018年9月)

ロシアで開催された『2018年FIFAワールドカップ』が閉幕して約一ヵ月半。

9月へ突入し、今月上旬にはワールドカップ後最初の国際Aマッチデー(9月3日~11日)が設けられており、各代表チームが新たな船出を切ることとなる。

森保一新監督が就任した日本代表も同月7日にチリ代表と、同11日にはコスタリカ代表との親善試合(キリンチャレンジ杯)が組まれており、新生日本代表の戦いにも注目が集まっている。

そこで今回は、9月に行われる国際親善試合の予定を掲載。

スポンサーリンク

欧州勢は『UEFAネーションズリーグ』の開催により親善試合激減

まず、各試合を確認する前に知っておくべきことがある。

それは同月9月~来年6月にかけてヨーロッパでは、新大会となる『UEFAネーションズリーグ』が開催されるということ。

 

この『UEFAネーションズリーグ』はUEFA(欧州サッカー連盟)の主催により新たに創設された大会で、UEFA加盟の国々が参加する。

ヨーロッパでは4年に一度ヨーロッパNo.1を決める『欧州サッカー選手権(ユーロ)』があるが、『UEFAネーションズリーグ』は2年に一度偶数年~翌年にかけて行われることとなった。

UEFAネーションズリーグは短期開催の欧州サッカー選手権とは違って国際Aマッチデーを利用し行われる。

そのため、ヨーロッパ勢のチームはこの期間(とくに今年9月~11月)の国際Aマッチデーの大半を同大会で使用することとなるため、ヨーロッパ勢のチームによる親善試合が少なくなっている。

ヨーロッパ勢で『UEFAネーションズリーグ』の開催期間中に親善試合を行えるのは、その節に試合のないチームのみということなる。

9月に行われる国際親善試合の予定一覧

*追記最終日:9/8

【9月2日(日)】
エチオピア - ブルンジ

【9月5日(水)】
フィジー - ソロモン諸島
スロバキア - デンマーク

【9月6日(木)】
キルギスタン - パレスチナ
ウズベキスタン - シリア

バーレーン - フィリピン
ヨルダン - レバノン
トリニダード・トバゴ - UAE
オーストリア - スウェーデン
オランダ - ペルー
ポルトガル - クロアチア

【9月7日(金)】
日本 中止 チリ
韓国 - コスタリカ
チャイニーズ・タイペイ - マレーシア
シンガポール - モーリシャス
カタール - 中国
スコットランド - ベルギー
アルゼンチン - グアテマラ
アメリカ - ブラジル
ベネズエラ - コロンビア
エクアドル - ジャマイカ
メキシコ - ウルグアイ

【9月9日(日)】
レバノン - オマーン
ドイツ - ペルー

【9月10日(月)】
カンボジア - マレーシア
キルギスタン - シリア
バーレーン - 中国
クウェート - イラク
サウジアラビア - ボリビア

ロシア - チェコ

【9月11日(火)】
日本 - コスタリカ
韓国 - チリ
シンガポール - フィジー
インドネシア - モーリシャス
ケニア - マラウイ

ウズベキスタン - イラン
UAE - ラオス
ヨルダン - オマーン
ガボン - ザンビア

カタール - パレスチナ
ポーランド - アイルランド
北アイルランド - イスラエル
イングランド - スイス
コロンビア - アルゼンチン
ブラジル - エルサルバドル
エクアドル - グアテマラ
アメリカ - メキシコ
パナマ - ベネズエラ

*試合日程は変更・中止になる可能性あります
*詳細は国際親善試合 日程・結果に掲載(定期的に更新)

W杯準優勝クロアチアはポルトガルと、王国ブラジルはアメリカなどと対戦

まず、森保一新監督が就任した新生日本代表は初陣として7日(金)にホームで南米のチリ代表と対戦。

その4日後の11日(火)には同じくホームで中米のコスタリカ代表と対戦する。

 

チリ代表は今年のロシアW杯には出場できなかったものの、直近の南米選手権(コパ・アメリカ)では2連覇している南米の強豪国。

一方のコスタリカは今年のロシアW杯には出場したものの、一勝もあげることができずにグループリーグ敗退に終わっている。

しかし前々回2014年ブラジルW杯では、ウルグアイやイタリアを破って強豪揃いのグループを1位で突破してベスト8まで進出した。

 

過去の対戦成績ではチリが日本の1勝1分け、コスタリカが日本の2勝1分けと、日本は両チームに対して負けがない。

しかしながら、最新のFIFAランキングでは日本が55位なのに対しチリが12位、コスタリカが32位と日本よりも上である。

その他の試合では、ロシアW杯で準優勝という結果を残したクロアチア代表は、6日にポルトガル代表とアウェーのアルガルヴェ地方ファロで対戦する。

同じくロシアW杯で3位のベルギー代表は7日にスコットランド代表とアウェーのグラスゴーで対戦

同じく同大会4位のイングランド代表は11日にスイス代表とホームのレスターで対戦

また、同じく同大会開催国でベスト8だったロシア代表は同10日にチェコ代表とホームのロストフ・ナ・ドヌで、スウェーデン代表は同6日にオーストリア代表とアウェーのウィーンで対戦する。

そして同大会でまさかのグループリーグ敗退に終わったドイツ代表は、9日にペルー代表とホームのジンスハイムで対戦

また同大会出場を逃したオランダ代表も、6日にペルー代表とホームのアムステルダムで対戦する。

 

一方のアメリカ大陸の国々は、それぞれアメリカで各地試合を行う予定となっている。

ブラジル代表は7日にニュージャージー州イーストラザフォードで地元のアメリカ代表と対戦し、11日にはワシントンD.C.でエルサルバドル代表と対戦する。

FWメッシが未招集のアルゼンチン代表は7日にロサンゼルスでグアテマラ代表と、11日にはイーストラザフォードでコロンビア代表と対戦

また、FWスアレスは招集されたもののFWカヴァーニの招集は見送られたウルグアイ代表は7日にテキサス州ヒューストンでメキシコ代表と対戦する。

 

そしてアジアでは韓国代表が日本と同じくコスタリカ、チリと対戦する。

韓国代表は日本の相手と入れ替わる形で7日にソウル近郊の高陽(コヤン)でコスタリカ代表と、11日に水原(スウォン)でチリ代表と対戦する。

またロシアW杯に出場したイラン代表は11日にウズベキスタン代表とアウェーのタシュケントで対戦。

同じくサウジアラビア代表は7日にボリビア代表とホームのリヤドで、11日にナイジェリア代表と(開催地未定)対戦する。

なお、オーストラリア代表は現時点で9月の試合予定が入っていない。

その他にもアジアでは複数の試合が組まれており、各チームが来年1~2月開催のアジアカップ2019に向けて強化を図っている。

8月の親善試合結果

また、8月の親善試合は数試合のみ行われた。

【8月4日(土)】
パレスチナ 0-3 イラク
ベリーズ 1-0 バルバドス

【8月15日(水)】
グアテマラ 3-0 キューバ

【8月17日(金)】
グレナダ 1-5 ジャマイカ

【8月18日(土)】
アンドラ 0-0 UAE
グアテマラ 1-0 キューバ

【8月20日(月)】
バルバドス 2-2 ジャマイカ

【8月26日(日)】
バルバドス 0-0 キューバ

【8月29日(水)】
マカオ 1-4 ソロモン諸島
バルバドス 0-2 キューバ

 

親善試合を行ったのは数ヵ国だったが、アジアではホームで試合を行えることになったパレスチナ代表がイラク代表と対戦し、0-3で敗れた。

そして元日本代表監督で現ザッケローニ監督が率いるUAE代表はオーストリアでアンドラ代表と対戦し、0-0で引き分けた。

その他の試合は大半が北中米カリブ海地域で、グアテマラ代表、ジャマイカ代表、キューバ代表、バルバドス代表などがそれぞれ対戦するなどした。

 

 

なお、年内の国際Aマッチデーは10月と11月にも設けられており、各チーム試合を行う予定となっている。

日本代表は10月12日(金)に新潟のデンカビッグスワンスタジアムでパナマ代表と、同16日にさいたまの埼玉スタジアム2002でウルグアイ代表と対戦することが決定している。

11月の2試合の対戦相手は現時点で未定。

 

【10月の国際Aマッチデー】
10月8日~16日

【11月の国際Aマッチデー】
11月12日~20日

 

 

*参照*
国際親善試合 日程・結果

スポンサーリンク