【U-16アジア選手権2018】日本は第2戦タジキスタンと0-0ドロー

現在マレーシアで開催されている、16歳以下の選手による代表チームでアジアNo.1を決める『U-16アジア選手権2018』

この大会で成績上位4ヵ国に入ることができれば、来年10月にペルーで開催される『U-17ワールドカップ2019』の出場権を獲得することができます。

 

20日に行われたグループリーグ初戦のタイ戦に5-2で勝利した日本は、23日に第2戦でタジキスタンと対戦。

試合は0-0の引き分けに終わりました。

スポンサーリンク

日本がボール支配も攻め切れず…タジキスタンと0-0

開催国のマレーシア、そしてタイ、タジキスタンと一緒のグループAに入っている日本。

初戦ではタイに開始わずか1分で先制点を許したものの、その後逆転に成功し5-2で勝利を収めていました。

初戦のもう一試合では開催国のマレーシアがタジキスタンに6-2で勝利。

日本とマレーシアがともに初戦勝利で勝ち点3、得失点差でマレーシアが1位、日本が2位となっていました。

 

第2戦では、日本戦の前に行われた「タイ対マレーシア」の試合でタイが4-2で勝利。

この結果、日本はタジキスタンに勝利すればグループ突破へ大きく前進するという状況でしたが、結果は0-0のスコアレスどーロー。

先発メンバーを初戦から7人入れ替えて臨んだ日本でしたが、守備に人数をかけ引いてきたタジキスタン相手に得点を奪うことができませんでした。

 

引き分けというのは想定外の結果だったとは思いますが、第2戦終了時で日本は首位となっています。

ただ、グループを突破しても、この大会最大の目標である『U-17ワールドカップ2019』の出場権を獲得するには、一発勝負の決勝トーナメント一回戦(準々決勝)で勝利しなければなりません。

今回のタジキスタン相手に0-0という結果は、不安を覚えたのではないでしょうか。

 

 

グループA第2戦の試合結果は以下の通りです。

 

【グループA】第2戦

9/23(日)

21:45『タジキスタン 0-0 日本』

会場:UM・アレーナ・スタジアム(クアラルンプール)

<得点者>
なし

 

 

9/23(日)

17:30「タイ 4-2 マレーシア」

会場:ブキット・ジャリル国立競技場(クアラルンプール)

<得点者>
[ タ イ ] 前半3分:スパナ・メアンタ
[マレーシア] 前半12分:ルクマン・ハキム
[ タ イ ] 前半21分:スパナ・メアンタ
[マレーシア] 後半3分:フィルダウス・カイロニサム
[ タ イ ] 後半12分:ワラゴン・トンバイ
[ タ イ ] 後半40分:アピデ・ジャンガム

 

第2戦を終えてのグループAの順位表は以下の通りです。

順位 グループA 試合 勝ち 分け 負け 得点 失点 勝点
1 日本 2 1 1 0 5 2 +3 4
2 タイ 2 1 0 1 6 7 -1 3
3 マレーシア 2 1 0 1 8 6 +2 3
4 タジキスタン 2 0 1 1 2 6 -4 1

*タイとマレーシアが勝ち点で並んでいるが、直接対決の結果によりタイが2位、マレーシアが3位。

 

グループリーグ最終戦で日本は開催国のマレーシアと、タイはタジキスタンと対戦します。

日本はマレーシア戦引き分け以上でグループ2位以内が確定し、決勝トーナメント(準々決勝)進出が決まります

勝利すれば1位での突破も決定。

万が一敗れた場合は、「タイ対タジキスタン」が引き分けになるか、もしくはタジキスタンが勝利し日本が得失点差でタジキスタンを上回れば突破となります。

韓国はオーストラリアに快勝、前回準優勝イランはインドネシアにまさかの敗戦

また、グループB~Dの初戦の試合結果は以下の通りです。

*キックオフは日本時間


【グループB】初戦

9/21(金)

17:30「オマーン 2-0 イエメン」

会場:ペタリンジャヤ・スタジアム(ペタリンジャヤ)

 

21:45「北朝鮮 2-2 ヨルダン」

会場:ペタリンジャヤ・スタジアム(ペタリンジャヤ)

 


【グループC】初戦

9/21(金)

17:30「イラン 0-2 インドネシア」

会場:ブキット・ジャリル国立競技場(クアラルンプール)

 

21:45「ベトナム 0-1 インド」

会場:UM・アレーナ・スタジアム(クアラルンプール)

 


【グループD】初戦

9/22(土)

17:30「イラク 2-1 アフガニスタン」

会場:UM・アレーナ・スタジアム(クアラルンプール)

 

21:45「韓国 3-0 オーストラリア」

会場:ペタリンジャヤ・スタジアム(ペタリンジャヤ)

 

グループBでは前回大会ベスト8のオマーンがイエメンに2-0で快勝。

もう一試合では、前回大会ベスト4の北朝鮮がヨルダンと2-2で引き分け。

北朝鮮は二度のリードを守り切れませんでした。

 

グループCでは前回大会準優勝のイランがインドネシアに0-2で敗れる波乱。

イランは開始早々に先制されるとその後得点を奪えず、逆に後半アディショナルタイムに2失点目を喫しました。

もう一試合ではインドがベトナムに1-0で競り勝っています。

 

グループDでは前回大会でグループリーグ敗退に終わった韓国がオーストラリアに3-0で快勝。

2大会ぶりのU-17ワールドカップ出場へ幸先の良いスタートを切りました。

もう一試合でも、前回王者のイラクがアフガニスタンに2-1で勝利し勝ち点3をあげています。

 

 

*参照*
U-16アジア選手権2018
U-17ワールドカップ2019

 

スポンサーリンク