【U-16アジア選手権2018】日本がタジキスタンとの再戦制し6大会ぶりの優勝

現在マレーシアで開催されている、16歳以下の選手による代表チームでアジアNo.1を決める『U-16アジア選手権2018』

この大会の成績上位4ヵ国は、来年10月にペルーで開催される『U-17ワールドカップ2019』の出場権を獲得することができますが、その4ヵ国は既に日本、タジキスタン、韓国、オーストラリアに決定済み。

そして先ほど大会は「日本対タジキスタン」による決勝戦が行われ、日本が1-0でタジキスタンに勝利して6大会ぶり3回目の優勝を飾りました。

スポンサーリンク

決勝戦『日本対タジキスタン』結果

【決勝】

10/7(日)

キックオフ:日本時間21:45(現地時間20:45)
スタジアム:ブキット・ジャリル国立競技場(クアラルンプール)

『日本 1-0 タジキスタン』

《得点者》
[日本] 後半18分:西川潤

大会結果まとめ

【大会最終結果】

成績
優勝 日本
準優勝 タジキスタン
3位 オーストラリア
韓国
ベスト8 オマーン
北朝鮮
インドネシア
インド

 

【U-17W杯2019出場国】

U-17W杯出場回数
日本 2大会連続9回目
タジキスタン 6大会ぶり2回目
オーストラリア 2大会ぶり13回目
韓国 2大会ぶり6回目

 

【大会得点王】

ゴール数 選手
5ゴール 日本 唐山翔自
オーストラリア ノア・ボティッチ
マレーシア ルクマン・ハキム
4ゴール タイ スパナ・メアンタ
3ゴール 韓国 チョン・サンビン
北朝鮮 キム・カンソン
オマーン クサイ・アル=ジャラディ

 

 

*参照*
U-16アジア選手権2018
U-17ワールドカップ2019

 

スポンサーリンク