【2019年FIFA女子W杯】北中米カリブ海からアメリカ、カナダ、ジャマイカの出場が決定

来年フランスで開催される女子のワールドカップ、『2019年FIFA女子ワールドカップ』。

その出場権をかけた大会『2018年CONCACAF(北中米カリブ海)女子選手権』がアメリカで開催され、アメリカ、カナダ、ジャマイカの3ヵ国がワールドカップ出場を決めました。

スポンサーリンク

2018年CONCACAF女子選手権結果

各大陸ごとに開催されるワールドカップ予選。

ヨーロッパのみワールドカップ予選と大陸選手権が別々となっており、それ以外の地域ではワールドカップ予選を兼ねて大陸選手権が開催されます。

 

そして今回北中米カリブ海地域ではCONCACAF(北中米カリブ海)選手権が開催され、日本時間の今日大会が閉幕。

北中米カリブ海地域のワールドカップ出場枠は3.5となっており、今回は本大会出場3ヵ国と、南米との大陸間プレーオフ進出1ヵ国が決定しました。

結果は以下の通りです。

 

【グループリーグ】

<グループA>
トリニダード・トバゴ 0-3 パナマ
アメリカ 6-0 メキシコ

パナマ 0-5 アメリカ
メキシコ 4-1 トリニダード・トバゴ

パナマ 2-0 メキシコ
トリニダード・トバゴ 0-7 アメリカ

順位 グループA 試合 勝ち 分け 負け 得点 失点 勝点
1 アメリカ 3 3 0 0 18 0 +18 9
2 パナマ 3 2 0 1 5 5 0 6
3 メキシコ 3 1 0 2 4 9 -5 3
4 トリニダード・トバゴ 3 0 0 3 1 14 -13 0

 

<グループB>
コスタリカ 8-0 キューバ
カナダ 2-0 ジャマイカ

ジャマイカ 1-0 コスタリカ
キューバ 0-12 カナダ

キューバ 0-9 ジャマイカ
コスタリカ 1-3 カナダ

順位 グループB 試合 勝ち 分け 負け 得点 失点 勝点
1 カナダ 3 3 0 0 17 1 +16 9
2 ジャマイカ 3 2 0 1 10 2 +8 6
3 コスタリカ 3 1 0 2 9 4 +5 3
4 キューバ 3 0 0 3 0 29 -29 0

 

【準決勝】

カナダ(B1位) 7-0 パナマ(A2位)
アメリカ(A1位) 6-0 ジャマイカ(B2位)

*勝利したカナダとアメリカが出場権獲得

 

【3位決定戦】

パナマ 2-2(2PK4) ジャマイカ

*勝利したジャマイカが出場権獲得

 

【決勝】

カナダ 0-2 アメリカ

 

 

結果はご覧の通り、グループリーグから大差のつく試合が多く、アメリカとカナダが準決勝でも大差で勝利して難なくワールドカップ出場権を獲得。

そしてお互いにワールドカップ初出場をかけた3位決定戦では、2-2からのPK戦を4-2で制してパナマに勝利したジャマイカが初のワールドカップ出場を決めました。

また決勝戦では大方の予想通り、アメリカ対カナダという組み合わせとなり、開催国アメリカがカナダに2-0で勝利し2大会連続8回目の優勝を飾りました。

大会最終結果

【2018年CONCACAF女子選手権】

優勝:アメリカ(2大会連続8回目)

準優勝:カナダ

3位:ジャマイカ

4位:パナマ

 

【2019年FIFA女子W杯出場国(北中米カリブ海)】

アメリカ(8大会連続8回目)

カナダ(7大会連続7回目)

ジャマイカ(初出場)

 

【大陸間プレーオフ進出国】

パナマ

*初出場をかけ南米3位のアルゼンチンと対戦

*大陸間プレーオフは来月実施。

*11月5日にアルゼンチンのホームでファーストレグを、同13日にパナマのホームでセカンドレグを実施予定。

 

 

 

*参照*
2018年CONCACAF女子選手権

2019年FIFA女子ワールドカップ

スポンサーリンク