【U-19アジア選手権2018】日本、韓国、カタール、サウジがU-20W杯出場権獲得

現在インドネシアで開催中の『U-19アジア選手権2018』。

この大会は19歳以下の選手による代表チームでアジアNo.1を争う大会で、ベスト4進出の4ヵ国には、来年ポーランドで開催される『U-20ワールドカップ2019』の出場権が与えられます。

そして大会はそのU-20ワールドカップ出場権をかけた準々決勝を28日、29日に開催。

インドネシアに勝利した日本に加え、韓国、カタール、サウジアラビアの4ヵ国がワールドカップ出場を決めました。

スポンサーリンク

準々決勝(決勝トーナメント1回戦)結果

【準々決勝(決勝トーナメント1回戦)】

10/28(日)

「カタール 7-3(延長) タイ」

ゲロラ・ブン・カルノ・スタジアム
(ジャカルタ)

 

「日本 2-0 インドネシア」

ゲロラ・ブン・カルノ・スタジアム
(ジャカルタ)

 

10/29(月)

「韓国 1-0 タジキスタン」

パトリオット・スタジアム
(ブカシ)

 

「サウジアラビア 3-1 オーストラリア」

パトリオット・スタジアム
(ブカシ)

 

 

カタール(グループA1位)対タイ(グループB2位)の試合では、カタールが前半で2-0とリードするも、後半にタイが3得点を奪い大逆転。

それでもカタールは終了間際に同点に追いついて3-3とし、試合は延長戦へ突入。

そして延長戦では、カタールが一気に4ゴール。

7-3というスコアで延長戦までもつれる大激闘を制したカタールが、2大会ぶりのU-20ワールドカップの出場権を獲得しました。

 

一方のタイはカタールをあと一歩のところまで追いつめましたが、延長戦では力尽き、1979年大会以来40年ぶりのU20ワールドカップ出場はなりませんでした。

 

 

そして日本(グループB1位)は開催国のインドネシア(グループA2位)と対戦。

前半40分、MF東俊希がゴールまで約30メートルの位置から強烈なミドルシュートをゴール右上隅に決めて日本が先制。

さらに後半25分にはFW宮代大聖が追加点を奪い2点差とします。

このまま試合は2-0で終了し、完全アウェイの中インドネシアに2-0で勝利した日本が、2大会連続のU-20ワールドカップ出場を決めました。

 

一方のインドネシアは開催国として奮闘しましたが、悲願のU-20ワールドカップ初出場はなりませんでした。

 

 

またその後の2試合では、韓国がタジキスタンに1-0で勝利し、2大会連続のU-20ワールドカップ出場決定。

韓国は前半44分、FWチョン・セジンが挙げたゴールが決勝点に。

 

一方のタジキスタンは、U-16代表に続いて世界への切符獲得はなりませんでした。

 

 

そして準々決勝最後の試合では、オーストラリアに3-1で勝利したサウジアラビアが2大会連続のU-20ワールドカップ出場権獲得。

サウジアラビアは前半7分に先制し同42分に追いつかれるも、後半に2得点を奪って突き放し3-1で勝利しました。

 

一方のオーストラリアは2013年大会を最後に、これで3大会連続でU-20ワールドカップ出場を逃しています。

 

【U-20W杯2019出場決定国(アジア)】

出場回数
カタール 2大会ぶり4回目
日本 2大会連続10回目
韓国 2大会連続15回目
サウジアラビア 2大会連続9回目

準決勝組み合わせ

ベスト4が決定しアジアからのU-20ワールドカップの出場国は出揃いましたが、大会はこのあと準決勝の試合が行われます。

 

準決勝の組み合わせは以下の通りです。

*キックオフは日本時間

 

11/1(木)

「カタール 18:00 韓国」

ゲロラ・ブン・カルノ・スタジアム
(ジャカルタ)

 

「日本 21:30 サウジアラビア」

ゲロラ・ブン・カルノ・スタジアム
(ジャカルタ)

 

 

韓国は優勝した2012年大会以来の決勝進出をかけ、カタールと対戦。

 

一方、日本は前回大会に続いての決勝進出をかけサウジアラビアと対戦。

サウジアラビアとはその前回大会の決勝で対戦し、日本が0-0からのPK戦を5-3で制して初優勝を飾っています。

 

 

*参照*
U-19アジア選手権2018
U-20ワールドカップ2019

 

スポンサーリンク