【U-19アジア選手権2018】サウジアラビアが13大会ぶり3度目の優勝

19歳以下の選手による代表チームでアジアNo.1を争う『U-19アジア選手権2018』。

その決勝戦が昨日4日に行われ、サウジアラビア代表が韓国代表に2-1で勝利し、13大会ぶり3度目の優勝を飾りました。

なお『U-20ワールドカップ2019』の出場権は、ベスト4入りを果たした日本、韓国、サウジアラビア、カタールの4ヵ国が、既に獲得しています。

スポンサーリンク

決勝戦結果

【決勝】

11/4(日)

「韓国 1-2 サウジアラビア」

パカンサリ・スタジアム
(チビノン)

<得点者>
[サウジアラビア] 前半2分:トゥルキ・アル=アマル
[サウジアラビア] 前半22分:ハリド・アル=ガンナム
[  韓 国  ] 後半19分:チョ・ヨンウク(PK)

 

 

決勝戦では、日本を破ったサウジアラビアが韓国と対戦。

試合は開始わずか2分、相手GKの弾いたこぼれ球をトゥルキ・アル=アマルが決めてサウジアラビアが先制。

さらにサウジアラビアは22分、ハリド・アル=ガンナムがペナルティーエリア外からミドルシュートを決めて2-0とリードを広げます。

一方の韓国は後半19分、チョ・ヨンウクがPKをゴール左に決めて1点を返します。

その後はお互いに得点は生まれず、前半の2得点を守り切ったサウジアラビアが韓国に2-1で勝利

 

サウジアラビアが13大会ぶり3度目の優勝を飾りました。

大会最終結果

優勝:サウジアラビア(13大会ぶり3回目)

準優勝:韓国

3位:日本、カタール

*3位決定戦は行わないため、準決勝敗退の2ヵ国が3位

 

 

【得点ランク】

ゴール数 選手
7ゴール アブドゥルラシード・ウマル カタール
5ゴール ハシム・アリ カタール
チョン・セジン 韓国
4ゴール 宮代大聖 日本
トゥルキ・アル=アマル サウジアラビア
チョ・ヨンウク 韓国

 

 

【フェアプレー賞】

サウジアラビア

 

 

【U-20W杯2019出場決定国(アジア)】

出場回数
カタール 2大会ぶり4回目
日本 2大会連続10回目
韓国 2大会連続15回目
サウジアラビア 2大会連続9回目

*U-20ワールドカップは来年5月23日にポーランドで開幕予定。

 

 

*参照*
U-19アジア選手権2018
U-20ワールドカップ2019

 

スポンサーリンク