【2019年FIFA女子ワールドカップ】ナイジェリア、南アフリカが出場権獲得

来年6月にフランスで開幕する女子のワールドカップ『2019年FIFA女子ワールドカップ』。

その出場国24ヵ国のうち20ヵ国の出場は既に決定しており、出場が決まっていないのはアフリカ地域3ヵ国とオセアニア地域1ヵ国の計4ヵ国のみとなっていました。

そして現地時間27日、アフリカ予選を兼ねている『女子アフリカネイションズカップ2018』の準決勝2試合を開催。

勝利したナイジェリア、南アフリカの2ヵ国が新たにワールドカップ出場を決めました。

またオセアニア予選を兼ねた『女子オセアニアネイションズカップ2018』でも準決勝の2試合が行われ、勝利したニュージーランドとフィジーが決勝進出。

決勝で勝利した国がオセアニアからの唯一のワールドカップ出場国となります。

スポンサーリンク

『女子アフリカネイションズカップ2018』準決勝結果

【準決勝】

11/27(火)

現地時間15:30キックオフ
日本時間翌00:30キックオフ
開催地:アクラ

『カメルーン 0-0 (2PK4) ナイジェリア』

 

※ナイジェリア、8大会連続8回目のワールドカップ出場決定

 

11/27(火)

現地時間18:30キックオフ
日本時間翌03:30キックオフ
開催地:ケープコースト

『南アフリカ 2-0 マリ』

 

※南アフリカ、初のワールドカップ出場決定

 

 

2019年FIFA女子ワールドカップの出場権をかけたアフリカ予選(女子アフリカネイションズカップ2018)では、大会の3位までに入った3ヵ国が出場権を獲得できます。

そして現地時間27日に準決勝2試合が行われ、勝利したナイジェリアと南アフリカが決勝進出を決めると同時に、ワールドカップへの出場も決めました。

準決勝で敗れたカメルーンとマリは3位決定戦で対戦し、勝利した国がアフリカから最後の出場権を獲得できます。

 

なお、3位決定戦及び決勝戦の試合日程は以下のとおりです。

 

*キックオフは日本時間

【3位決定戦】

12月1日(土)

『カメルーン 01:00 マリ』

(ケープコースト)

*勝者が2019年FIFA女子ワールドカップの出場権獲得

 

【決勝戦】

12月2日(日)

『ナイジェリア 01:00 南アフリカ』

(アクラ)


『女子オセアニアネイションズカップ2018』準決勝結果

【準決勝】

11/28(水)

現地時間15:00キックオフ
日本時間翌13:00キックオフ
開催地:リフー島

『パプアニューギニア 1-5 フィジー』

 

11/28(水)

現地時間15:00キックオフ
日本時間翌13:00キックオフ
開催地:マレ島

『ニュージーランド 8-0 ニューカレドニア』

 

 

2019年FIFA女子ワールドカップの出場権をかけたオセアニア予選(女子オセアニアネイションズカップ2018)では、大会の優勝国のみが出場権を獲得できます。

28日に行われた準決勝2試合では、ニュージーランドとフィジーがそれぞれ圧勝し決勝進出。

ニュージーランドとフィジーによる決勝戦で勝利し優勝した国がワールドカップ出場権を手にできます。

 

しかしながらこのニュージーランドとフィジーは今大会グループリーグでも対戦しており、その時はニュージーランドが10-0で大勝。

オセアニアネイションズカップでもニュージーランドが3大会連続で優勝しており、ニュージーランドの優勝&ワールドカップ出場権獲得は固いとみられています。

 

 

3位決定戦及び決勝戦の試合日程は以下のとおりです。

 

*キックオフは日本時間

【3位決定戦】

12月1日(土)

『パプアニューギニア 12:00 ニューカレドニア』

(ヌメア)

 

【決勝戦】

12月1日(土)

『フィジー 15:00 ニュージーランド

(ヌメア)

*勝者が2019年FIFA女子ワールドカップの出場権獲得

 

 

*参照*
2019年FIFA女子ワールドカップ
女子アフリカネイションズカップ2018
女子オセアニアネイションズカップ2018

 

スポンサーリンク