【U-17女子ワールドカップ2018】準決勝結果

17歳以下の女子代表チームで世界No.1を争う大会『U-17女子ワールドカップ2018』が、南米のウルグアイで開催されています。

大会には16ヵ国が参加し、4ヵ国ずつ4つのグループに分かれてグループリーグ3試合を実施。

各グループ1位と2位の上位2ヵ国が決勝トーナメントへ進出します。

その後準々決勝、準決勝、決勝と戦い、世界王者を決定。

 

そして大会は現在終盤へ突入。

現地時間28日に準決勝2試合が行われ、決勝戦の対戦カードが決定しました。

スポンサーリンク

準決勝試合結果

11/28(水)

現地時間16:00キックオフ
日本時間翌04:00キックオフ

『ニュージーランド 0-2 スペイン』

 

【得点者】
《スペイン》
前半39分:クラウディア・ピナ
後半3分:イレーネ・ロペス


*スペイン、2大会ぶり2回目の決勝進出

 

 

11/28(水)

現地時間19:00キックオフ
日本時間翌07:00キックオフ

『メキシコ 1-0 カナダ』

 

【得点者】
《メキシコ》
前半25分:ニコレ・ペレス(PK)


*メキシコ、初の決勝進出

 

 

ご覧のとおり、準決勝ではスペインがFWクラウディア・ピナの今大会5ゴール目となるゴールなどで、ニュージーランドに2-0で完封勝利。

準決勝のもう一試合ではメキシコがカナダと対戦し、前半25分にメキシコのMFニコレ・ペレスが決めたPKが決勝点となり、メキシコが1-0でカナダに勝利しました。

 

因みに、2大会ぶり2度目の優勝を目指していた日本は、準々決勝でニュージーランドにPK戦の末敗れてベスト8敗退。

3大会連続のベスト4入りを逃しています。

決勝戦・3位決定戦試合日程

この結果、決勝戦の組み合わせは『メキシコ対スペイン』となりました。

 

メキシコは2010、2012年大会ではグループリーグ敗退。

2014、2016年大会ではベスト8進出。

そして今大会ではさらにその上のベスト4も突破し、初の決勝進出を成し遂げました。

今大会メキシコはグループリーグで日本などと同組になり、1勝2分けの成績でグループを2位突破。

首位突破を果たした日本とは1-1で引き分けました。

メキシコは今大会ここまでの5試合無敗で、勝利した2試合は1-0と接戦をモノにしてきました。

 

一方のスペインは2008、2012年大会ではワールドカップ出場を逃したものの、それ以外の出場した大会ではすべて3位以内に入っています。

2010、2016年大会で3位、2014年大会では決勝戦で日本に0-2で敗れて惜しくも準優勝となりました。

今大会で2度目の決勝進出を果たし、初優勝への期待が膨らんでいます。

 

メキシコ、スペイン、どちらが優勝しても初の優勝となります。

優勝候補と言われているスペインの優勝か、接戦をモノにして初の決勝進出を果たしたメキシコの優勝か、注目の決勝戦は日本時間12月2日(日)午前7時キックオフです。



決勝戦及び3位決定戦の試合日程は以下のとおりです。

 

*キックオフは日本時間

【3位決定戦】

12月2日(日)

『カナダ 04:00 ニュージーランド』

(モンテヴィデオ)

 

【決勝戦】

12月2日(日)

『メキシコ 07:00 スペイン』

(モンテヴィデオ)

 

 

*参照*
U-17女子ワールドカップ2018

 

スポンサーリンク