【2019年FIFA女子ワールドカップ】カメルーン、ニュージーランドの出場が決定し全出場国が出揃う

来年6月にフランスで開幕する女子のワールドカップ『2019年FIFA女子ワールドカップ』。

その出場国24ヵ国のうち現在出場が決定しているのは22ヵ国で、残る出場未定国は2ヵ国のみとなっていました。

そして日本時間今日12月1日、アフリカ地区とオセアニア地区から残りの2ヵ国が決定。

これにより、2019年FIFA女子ワールドカップの出場24ヵ国すべてが出揃いました。

スポンサーリンク

 

 

『女子アフリカネイションズカップ2018』3位決定戦結果

アフリカ地区の予選では、女子代表チームでアフリカNo.1を決定する『女子アフリカネイションズカップ2018』において、3位までに入ったチーム3ヵ国にワールドカップ出場権が与えられます。

27日に行われた準決勝2試合でそれぞれ勝利したナイジェリア、南アフリカの2ヵ国は、決勝進出を決めると同時にワールドカップの出場権も獲得。

残すアフリカの出場枠は1ヵ国で、3位決定戦の勝者がその出場権を得るという状況でした。

 

そして日本時間の今日1日未明に行われた3位決定戦の試合ではカメルーンとマリが対戦し、カメルーンがマリに4-2で勝利。

この結果、カメルーンが2大会連続2回目のワールドカップ出場決定。

敗れたマリは惜しくもワールドカップ初出場を逃しました。

 

【3位決定戦】

11/30(金)

現地時間16:00キックオフ
日本時間翌01:00キックオフ
開催地:ケープコースト

『カメルーン 4-2 マリ』

 

*カメルーン、2大会連続2回目のW杯出場決定

 

 

なお、決勝戦『ナイジェリア 対 南アフリカ』の試合は現地時間の今日1日に行われます。

決勝戦試合日程は以下のとおりです。

 

【決勝戦】

12/1(土)

現地時間16:00キックオフ
日本時間翌01:00キックオフ

『ナイジェリア - 南アフリカ』

会場:アクラ・スポーツ・スタジアム(アクラ)

『女子オセアニアネイションズカップ2018』決勝戦・3位決定戦結果

オセアニア地区の予選では、女子代表チームでオセアニアNo.1を決定する『女子オセアニアネイションズカップ2018』において、優勝したチーム1ヵ国のみにワールドカップ出場権が与えられます。

 

そして日本時間の今日1日午後に行われた決勝戦では、フィジーとニュージーランドが対戦。

この両チームはグループリーグでも対戦しており、その際はニュージーランドがフィジーに10-0で大勝しています。

そして二度目の対戦となった決勝戦でも、ニュージーランドがフィジーに8-0で大勝。

この結果、優勝したニュージーランドが4大会連続5回目のワールドカップ出場決定。

 

これにより、ニュージーランドは女子オセアニアネイションズカップでも4連覇。

オセアニア地区では準優勝のフィジーでさえ優勝したニュージーランドに大差で敗れるなど、ニュージーランドの一強状態が続いています。

 

12/1(土)

現地時間17:00キックオフ
日本時間翌15:00キックオフ
開催地:ヌメア

『フィジー 0-8 ニュージーランド』

 

*ニュージーランド、4大会連続5回目の出場権獲得

 

 

また決勝戦の前に行われた3位決定戦では、パプアニューギニアがニューカレドニアに7-1で大勝しています。

【3位決定戦】

12/1(土)

現地時間14:00キックオフ
日本時間翌12:00キックオフ
開催地:ヌメア

『パプアニューギニア 7-1 ニューカレドニア』

 

2019年FIFA女子ワールドカップ出場国一覧

この結果、ワールドカップ出場権最後の2枠を獲得したのはカメルーン、ニュージーランドとなりました。

これにより、ワールドカップ出場国24ヵ国がすべて出揃いました。

 

2019年大会で8回目の開催となる女子ワールドカップですが、8大会すべてに出場となるのは日本、ドイツ、スウェーデン、ノルウェー、アメリカ、ブラジル、ナイジェリアの7ヵ国。

2011年大会優勝国の日本は、アジアから全大会出場している唯一の国となっています。

 

なお、初出場はスコットランド、チリ、ジャマイカ、南アフリカの4ヵ国。

 

ワールドカップ全出場国一覧は以下のとおりです。

大陸 出場回数
ヨーロッパ
(9ヵ国)
フランス (開催国) 3大会連続4回目
スペイン 2大会連続2回目
イタリア 5大会ぶり3回目
イングランド 4大会連続5回目
スコットランド 初出場
ノルウェー 8大会連続8回目
スウェーデン 8大会連続8回目
ドイツ 8大会連続8回目
オランダ 2大会連続2回目
南米
(3ヵ国)
ブラジル 8大会連続8回目
チリ 初出場
アルゼンチン 3大会ぶり3回目
北中米カリブ海
(3ヵ国)
アメリカ 8大会連続8回目
カナダ 7大会連続7回目
ジャマイカ 初出場
アフリカ
(3ヵ国)
ナイジェリア 8大会連続8回目
南アフリカ 初出場
カメルーン 2大会連続2回目
アジア
(5ヵ国)
日本 8大会連続8回目
オーストラリア 7大会連続7回目
中国 2大会連続7回目
タイ 2大会連続2回目
韓国 2大会連続3回目
オセアニア
(1ヵ国)
ニュージーランド 4大会連続5回目

 

なお、本大会グループリーグの組み合わせ抽選会ですが、早くも今月8日現地時間18時~(日本時間9日午前2時~)開催予定。

会場はフランスのパリ近郊の都市ブローニュ=ビヤンクールにある「ラ・セーヌ・ミュジカル」。

抽選会では、今月7日に発表される女子のFIFAランキングを基にポット1~4までポット分けをし、出場全24ヵ国を4ヵ国ずつ6つのグループへ振り分けていきます。

日本はポット1から漏れ、ポット2となることが確実視されています。

 

*2019年FIFA女子W杯 グループリーグ組み合わせ抽選会*

日時 : 2018/12/8(土)
    現地時間18時開始(日本時間26時開始)

会場 : ラ・セーヌ・ミュジカル
   (ブローニュ=ビヤンクール / フランス)

 

 

*参照*
2019年FIFA女子ワールドカップ
女子アフリカネイションズカップ2018
女子オセアニアネイションズカップ2018

スポンサーリンク