ユーロ2020年大会の予選組み合わせが決定

2020年の6月12日~7月12日の一ヵ月間にわたって開催される『ユーロ2020(UEFA EURO 2020)』。

その出場権をかけた予選の組み合わせ抽選会がアイルランドの首都ダブリンで行われ、各グループの組み合わせが決定しました。

 

組み合わせの結果、オランダとドイツが『UEFAネーションズリーグ2018-19』同様同じグループに入り因縁の対決が実現。

また、2018年ワールドカップ王者のフランスはアイスランド、トルコなどと同組に。

同ワールドカップ準優勝のクロアチアはウェールズ、スロベニアなどと同組に。

その他ではスペインがスウェーデン、ノルウェーなどと同組ポルトガルがウクライナ、セルビアなどと同組ベルギーがロシア、スコットランドなどと同組イングランドがチェコ、ブルガリアなどと同組となりました。

スポンサーリンク

予選組み合わせ抽選会結果

予選の各グループ組み合わせは以下のとおりです。

グループA
イングランド
チェコ
ブルガリア
モンテネグロ
コソボ

 

グループB
ポルトガル
ウクライナ
セルビア
リトアニア
ルクセンブルク

 

グループC
オランダ
ドイツ
北アイルランド
エストニア
ベラルーシ

 

グループD
スイス
デンマーク
アイルランド
ジョージア
ジブラルタル

 

グループE
クロアチア
ウェールズ
スロバキア
ハンガリー
アゼルバイジャン

 

グループF
スペイン
スウェーデン
ノルウェー
ルーマニア
フェロー諸島
マルタ

 

グループG
ポーランド
オーストリア
イスラエル
スロベニア
マケドニア
ラトビア

 

グループH
フランス
アイスランド
トルコ
アルバニア
モルドバ
アンドラ

 

グループI
ベルギー
ロシア
スコットランド
キプロス
カザフスタン
サンマリノ

 

グループJ
イタリア
ボスニア・ヘルツェゴビナ
フィンランド
ギリシャ
アルメニア
リヒテンシュタイン

 

予選では各グループ内の各チームがホーム&アウェイ方式の総当たりで対戦し、各グループ上位2ヵ国の計20ヵ国がここで本大会の出場権を獲得

残りの出場枠4ヵ国は、『UEFAネーションズリーグ2018-19』の各リーグにおいて首位となった4ヵ国が各リーグごとにミニトーナメントを実施し、そこで勝ち抜いた4ヵ国が獲得します。

つまり、リーグA~Dの各リーグにおいて1ヵ国ずつ出場国が誕生。

もしユーロ予選においてグループ2位以内となり出場権を獲得したチームUEFAネーションズリーグにおいて各グループトップのチームが被った場合は、UEFAネーションズリーグのミニトーナメント進出国が規定により変更となります。

 

なお、ユーロ予選は来年2019年3月~11月にかけて行われる予定となっています。

 

 

*参照ページ*
ユーロ2020
UEFAネーションズリーグ2018-19

スポンサーリンク