2022年FIFAワールドカップアジア予選がまもなく開幕!【1次予選方式・日程まとめ】

2018年ロシアワールドカップから約一年。

いよいよ来月6月、次回のワールドカップである2022年カタール大会の予選がスタートします。

出場国数が32チームのままなのか48チームに拡大するのか、まだ結論は出てませんが、その最終判断を下す総会が開かれるのが6月5日。

そして出場国数が決定したその翌日の6月6日、世界で最も早くアジア予選がスタートします。

 

*追記* (5/23)

FIFAは5月22日、2022年カタール大会を従来どおり32チーム制で開催することを発表。

これにより、48チーム拡大は2026年大会から実施となります。

 

今回はその2022年FIFAワールドカップのアジア1次予選について、開催方式、参加国、試合日程などについてまとめました。

スポンサーリンク

アジア1次予選開催方式

まず最初に、アジア1次予選の開催方式についてです。

 

アジア予選参加国は全部で46チームですが、1次予選に参加するのはその中の12チームのみ。

 

アジアのFIFAランク下位12チームが1次予選参加

アジアの参加46チーム中、2019年4月発表のFIFAランキングにおいてランキング下位となった12チームが1次予選から参加するという仕組みです。

12チーム以外の36チームは2次予選からの参加。

日本代表はFIFAランク26位でアジア2位なので、当然1次予選は免除となり2次予選からの参加が決定しています。

 

2チーム×6組によるホーム&アウェー方式

1次予選では参加12チームが2チームずつ6組に分かれてホーム&アウェー方式で対戦し、2戦合計のスコアで勝利した方が2次予選へ進むことができます。

チーム1チーム2

勝者 (2戦合計) が2次予選進出

チーム3チーム4

勝者 (2戦合計) が2次予選進出

チーム5チーム6

勝者 (2戦合計) が2次予選進出

チーム7チーム8

勝者 (2戦合計) が2次予選進出

チーム9チーム10

勝者 (2戦合計) が2次予選進出

チーム11チーム12

勝者 (2戦合計) が2次予選進出

*合計6チームが2次予選へ進出

 

アジア1次予選参加国

アジア1次予選の参加12チームは以下の国々です。

マレーシア (168) カンボジア (173) マカオ (183)
ラオス (184) ブータン (186) モンゴル (187)
バングラデシュ (188) グアム (193) ブルネイ (194)
東ティモール (195) パキスタン (200) スリランカ (202)
*(  ) 内は2019年4月発表のFIFAランキング

これらの国々が、今年4月に発表されたFIFAランキングで、アジアの下位12チームというわけです。

 

アジア1次予選組み合わせ

  • 抽選日:2019/4/17 (水)
  • 抽選開始時間:現地11:00 (日本時間12:00)
  • 抽選会会場:AFCハウス (クアラルンプール / マレーシア)

1次予選の組み合わせ抽選では、これらの12チームをポットAとポットBの2つのポットに振り分けて実施。

FIFAランキングを基に、参加12チームのうち上位6チームをポットAに、下位6チームをポットBに振り分ける形となりました。

抽選では、ポットAとポットBから各1チームずつを引き、それらのチーム同士が対戦するという手順で実施。

ポットA ポットB
マレーシア (168) バングラデシュ (188)
カンボジア (173) グアム (193)
マカオ (183) ブルネイ (194)
ラオス (184) 東ティモール (195)
ブータン (186) パキスタン (200)
モンゴル (187) スリランカ (202)
*(  ) 内は2019年4月発表のFIFAランキング

 

1次予選組み合わせ抽選手順

  1. ポットAから1チームを引く
  2. ポットBから1チームを引く
    • *組み合わせが決定
  3. 1と2を全部で6回行う

 

アジア1次予選試合日程

アジア1次予選は2チーム同士によるホーム&アウェー方式の対戦となるため、各組2試合で2次予選突破チームが決定します。

各組第1戦を6月6日に、第2戦を6月11日に行う予定。

(マレーシア対東ティモールのみ6月7日開催予定)

第1戦をホームで戦うのが組み合わせ抽選においてポットAだったチーム、第2戦をホームで戦うのが組み合わせ抽選においてポットBだったチームです。

結果
モンゴル 2019/6/6
HA
ブルネイ
2019/6/11
AH

(2戦合計)
結果
マカオ 2019/6/6
HA
スリランカ
2019/6/11
AH

(2戦合計)
結果
ラオス 2019/6/6
HA
バングラデシュ
2019/6/11
AH

(2戦合計)
結果
マレーシア 2019/6/7
HA
東ティモール
2019/6/11
AH

(2戦合計)
結果
カンボジア 2019/6/6
HA
パキスタン
2019/6/11
AH

(2戦合計)
結果
ブータン 2019/6/6
HA
グアム
2019/6/11
AH

(2戦合計)

 

アジア2次予選について

最後に、アジア2次予選についても軽く触れておきます。

 

アジア1次予選が終了すると、次はアジア2次予選が始まります。

アジア2次予選では免除されるチームがないため、日本代表を含むすべてのアジア所属チームが参加します。

(アジア1次予選で敗退したチームを除く)

 

アジア2次予選では、1次予選免除34チームに加え1次予選突破6チームの合計40チームが参加します。

予選方式は前回2018年ロシア大会の予選と変わりません。

参加40チームが5チームずつ8つのグループに分かれて、各グループ内ホーム&アウェー方式の総当たりで対戦し、各グループ1位のチーム及び各グループ2位のチームのうち成績上位4チームの合計12チームが3次予選 (最終予選) へ進出する予定です。

 

なお、2022年ワールドカップの本大会出場枠が48チームに増えた場合、2次予選での突破チーム数自体に変更が出てくる可能性もあります。

*わかり次第追記予定

 

なお、アジア2次予選の組み合わせ抽選会は今年7月17日にカタールのドーハで開催予定です。

 

アジア2次予選組み合わせ抽選会

  • 抽選日:2019/7/17 (水)
  • 抽選開始時間:未定
  • 抽選会会場:ドーハ (カタール)

 

 

スポンサーリンク