2022年ワールドカップアジア予選の各予選ごとの日程、組み合わせなど詳細を確認

2022年ワールドカップアジア1次予選

 

2018年ロシアワールドカップから約一年。

次なるワールドカップである2022年カタール大会の予選がまもなく始まります。

今回は予選の中でも最も早くスタートするアジア予選について、出場枠や予選方式、日程や組み合わせなどについて確認してみます。

スポンサーリンク

アジア予選の出場枠は?

まず最初に、アジアからのワールドカップ出場枠についてですが、こちらはまだ正式決定していません。

 

というのも、2022年ワールドカップの出場枠自体がまだ正式決定していないからです。

従来どおりであれば32チームですが、2026年ワールドカップから採用が決定している出場枠48チーム制を、前倒しで2022年大会から採用する可能性が出てきています。

 

これの最終決定を下すFIFA (国際サッカー連盟) の総会が開かれるのが、来月5日。

この決定をもって、アジアからの出場枠も決定することになります。

*追記*

FIFAは5月22日、2022年カタール大会を従来どおり32チーム制で開催することを発表。

これにより、48チーム拡大は2026年大会から実施となります。

そしてアジア枠についても、前回同様4.5枠 (開催国カタールを除く) が維持されます。

 

なおワールドカップの出場枠が従来どおり32チームのままとなった場合、アジア予選は前回ロシアワールドカップの予選方式と一緒になります。

*出場枠が48チームとなった場合、後述のアジア3次予選 (最終予選) やプレーオフの内容に変更が出てきます

 

アジア予選開催方式と参加国

続いて、アジア予選の開催方式と参加国についてです。

 

アジア予選は、1次予選、2次予選、3次予選 (最終予選) 、プレーオフと、4段階に分かれて開催されます。

 

アジア予選の参加国数は全部で46チーム。

 

以下が、アジア予選参加国です。

*2019年4月発表のFIFAランキング順

FIFAランク アジア順位 チーム名 参加予選
21 1 イラン 2次予選から参加
(1次予選免除)
26 2 日本
37 3 韓国
41 4 オーストラリア
55 5 カタール
67 6 UAE
72 7 サウジアラビア
74 8 中国
76 9 イラク
83 10 シリア
85 11 ウズベキスタン
86 12 レバノン
86 13 オマーン
95 14 キルギス
97 15 ヨルダン
98 16 ベトナム
99 17 パレスチナ
101 18 インド
111 19 バーレーン
114 20 タイ
120 21 タジキスタン
121 22 北朝鮮
124 23 フィリピン
125 24 チャイニーズ・タイペイ
136 25 トルクメニスタン
140 26 ミャンマー
141 27 香港
146 28 イエメン
149 29 アフガニスタン
151 30 モルディブ
156 31 クウェート
159 32 インドネシア
160 33 シンガポール
161 34 ネパール
168 35 マレーシア 1次予選から参加
173 36 カンボジア
183 37 マカオ
184 38 ラオス
186 39 ブータン
187 40 モンゴル
188 41 バングラデシュ
193 42 グアム
194 43 ブルネイ
195 44 東ティモール
200 45 パキスタン
202 46 スリランカ

先月発表されたFIFAランキングの順位を基に、1次予選から参加するチームと2次予選から参加するチームが決定。

日本代表は2次予選からの参加です。

 

それでは、各予選ごとの予選方式、参加国、日程を見てみましょう。

 

アジア1次予選

参加国数:12チーム

  • FIFAランキング (2019年4月発表) のアジア下位12チームが参加
  • FIFAランキング (2019年4月発表) のアジア下位12チーム以外は1次予選免除 → 2次予選から参加

組み合わせ抽選について

  • 抽選日:2019/4/17 (水)
  • 抽選開始時間:11:00~ (日本時間12:00~)
  • 抽選会場:AFCハウス (クアラルンプール / マレーシア)

組み合わせ抽選方法

    1. 参加12チームをポットAとポットBにポット分け
      • 12チーム中FIFAランキング上位6チームをポットAへ
      • 12チーム中FIFAランキング下位6チームをポットBへ
    2. ポットAとポットBから1チームずつ引き、対戦カードが決定
    3. 2を全部で6回行い、6組すべての対戦カードが決定

方式

  • ホーム&アウェー方式
  • 2チーム × 6組
  • 各組ホーム&アウェー方式で2試合を実施
  • 2戦合計スコアで勝利したチーム (合計6チーム) が2次予選進出

 

参加国

FIFAランク アジア順位 チーム名 ポット分け
168 35 マレーシア ポットA
173 36 カンボジア
183 37 マカオ
184 38 ラオス
186 39 ブータン
187 40 モンゴル
188 41 バングラデシュ ポットB
193 42 グアム
194 43 ブルネイ
195 44 東ティモール
200 45 パキスタン
202 46 スリランカ

 

組み合わせ

組み合わせ抽選結果は以下のとおりとなっています。

ポットAのチーム (左側のチーム) が第1戦をホームで戦い、ポットBのチーム (右側のチーム) が第2戦をホームで戦います。

チーム チーム
モンゴル ブルネイ
マカオ スリランカ
ラオス バングラデシュ
マレーシア 東ティモール
カンボジア パキスタン
ブータン グアム

 

試合日程

*一部の試合に日にち変更あり

試合 日にち
第1戦 2019/6/6 (木)
第2戦 2019/6/11 (火)

 

結果
モンゴル 2019/6/6
HA
ブルネイ
2019/6/11
AH

(2戦合計)
結果
マカオ 2019/6/6
HA
スリランカ
2019/6/11
AH

(2戦合計)
結果
ラオス 2019/6/6
HA
バングラデシュ
2019/6/11
AH

(2戦合計)
結果
マレーシア 2019/6/7
HA
東ティモール
2019/6/11
AH

(2戦合計)
結果
カンボジア 2019/6/6
HA
パキスタン
2019/6/11
AH

(2戦合計)
結果
ブータン 2019/6/6
HA
グアム
2019/6/11
AH

(2戦合計)

 

カタール

アジア2次予選

参加国数:40チーム

  • FIFAランキング (2019年4月発表) のアジア上位34チーム + 1次予選突破6チームが参加

組み合わせ抽選について

  • 抽選日:2019/7/17 (水)
  • 抽選開始時間:17:00~ (日本時間18:00~)
  • 抽選会場:AFCハウス (クアラルンプール / マレーシア)

組み合わせ抽選方法

  • 各ポットから1チームずつを引き、各グループA~Hまで振り分ける

方式

  • グループによる総当たりのホーム&アウェー方式
  • 5チーム × 8グループ
  • 各グループ各チーム8試合を実施
  • 各グループ1位のチーム + 各グループ2位のうち成績上位4チーム (合計12チーム) が3次予選 (最終予選) 進出

 

参加国

FIFAランク アジア順位 チーム名 参加
21 1 イラン 2次予選から参加
(1次予選免除)
26 2 日本
37 3 韓国
41 4 オーストラリア
55 5 カタール
67 6 UAE
72 7 サウジアラビア
74 8 中国
76 9 イラク
83 10 シリア
85 11 ウズベキスタン
86 12 レバノン
86 13 オマーン
95 14 キルギス
97 15 ヨルダン
98 16 ベトナム
99 17 パレスチナ
101 18 インド
111 19 バーレーン
114 20 タイ
120 21 タジキスタン
121 22 北朝鮮
124 23 フィリピン
125 24 チャイニーズ・タイペイ
136 25 トルクメニスタン
140 26 ミャンマー
141 27 香港
146 28 イエメン
149 29 アフガニスタン
151 30 モルディブ
156 31 クウェート
159 32 インドネシア
160 33 シンガポール
161 34 ネパール
    マレーシア 1次予選突破チーム
    カンボジア
    バングラデシュ
    モンゴル
    グアム
    スリランカ

 

組み合わせ

2019年7月17日、組み合わせ抽選会が行われました。

グループA グループB グループC
中国 オーストラリア イラン
シリア ヨルダン イラク
フィリピン チャイニーズ・タイペイ バーレーン
モルディブ クウェート 香港
グアム ネパール カンボジア
グループD グループE グループF
サウジアラビア カタール 日本
ウズベキスタン オマーン キルギス
パレスチナ インド タジキスタン
イエメン アフガニスタン ミャンマー
シンガポール バングラデシュ モンゴル
グループG グループH  
UAE 韓国  
ベトナム レバノン  
タイ 北朝鮮  
マレーシア トルクメニスタン  
インドネシア スリランカ  

 

試合日程

試合 日にち
第1戦 2019/9/5 (木)
第2戦 2019/9/10 (火)
第3戦 2019/10/10 (木)
第4戦 2019/10/15 (火)
第5戦 2019/11/14 (木)
第6戦 2019/11/19 (火)
第7戦 2020/3/26 (木)
第8戦 2020/3/31 (火)
第9戦 2020/6/4 (木)
第10戦 2020/6/9 (火)
 
対戦順についてはこちらに掲載。
 

 

 

アジア3次予選 (最終予選)

参加国数:12チーム

  • 2次予選突破12チーム が参加

組み合わせ抽選について

  • 抽選日:未定
  • 抽選開始時間:未定
  • 抽選会場:未定

組み合わせ抽選方法

  • 未定 (6つのポットに分かれて実施予定)

方式

  • グループによる総当たりのホーム&アウェー方式
  • 6チーム × 2グループ
  • 各グループ各チーム10試合を実施
  • 各グループ1位と2位のチーム (合計4チーム) がワールドカップ出場権獲得
  • 各グループ3位のチームはプレーオフへ進出

 

参加国

FIFAランク アジア順位 チーム名 参加
    未定 2次予選突破チーム
    未定
    未定
    未定
    未定
    未定
    未定
    未定
    未定
    未定
    未定
    未定

 

組み合わせ

*決定次第掲載

グループA グループB
   
   
   
   
   
   

 

試合日程

試合 日にち
第1戦 2020/9/3 (木)
第2戦 2020/9/8 (火)
第3戦 2020/10/13 (火)
第4戦 2020/11/12 (木)
第5戦 2020/11/17 (火)
第6戦 2021/3/25 (木)
第7戦 2021/3/30 (火)
第8戦 2021/6/8 (火)
第9戦 2021/9/7 (火)
第10戦 2021/10/12 (火)

カタールへの道

プレーオフ

アジアプレーオフ

参加国数:2チーム

  • 3次予選 (最終予選) の各グループ3位のチームが参加

方式

  • ホーム&アウェー方式
  • 2戦合計スコアで勝利したチームが大陸間プレーオフへ進出
  • アウェイゴールルール適用の予定

大陸間プレーオフ

参加国数:2チーム (4チームが2チームずつ2組に分かれて実施)

  • アジアプレーオフ勝者チームと他大陸のチームによる対戦

組み合わせ抽選 (大陸間プレーオフ) について

  • 抽選日:未定
  • 抽選開始時間:未定
  • 抽選会場:未定

組み合わせ抽選方法

  • 未定 (4チームによるオープン方式で実施の予定)

方式

  • ホーム&アウェー方式
  • 2戦合計スコアで勝利したチームがワールドカップ本大会の出場権獲得
  • アウェイゴールルール適用の予定

 

参加国

アジアプレーオフ

チーム名 参加
未定 アジア3次予選 (最終予選) グループA 3位
未定 アジア3次予選 (最終予選) グループB 3位

大陸間プレーオフ

チーム名 参加
未定 アジアプレーオフ勝者
未定 未定 (他大陸)

 

組み合わせ

アジアプレーオフ

チーム チーム
未定 未定

大陸間プレーオフ

チーム チーム
未定 未定

 

試合日程

アジアプレーオフ

試合 日にち
第1戦 2021/11/11 (木)
第2戦 2021/11/16 (火)

大陸間プレーオフ

試合 日にち
第1戦 2022/3月予定
第2戦 2022/3月予定

 

日本代表の予選はいつから?

最後に、日本代表の2022年ワールドカップ予選はいつから始まるのか?ということについてです。

 

結論から言いますと、今年の9月5日 (木) or 9月10日 (火) のどちらかです。

 

前述で示したとおり、日本代表は2019年4月発表のFIFAランキングが26位で、アジアでは2位です。

アジア1位~34位以内はアジア2次予選からの参加となるため、2次予選が始まる今年の9月が日本代表の初戦ということになります。

 

詳しい日にちについてですが、9月5日と10日のどちらが初戦になるかはまだ決定していません。

※追記※
日本代表の予選初戦の日にちは9月10日に決定!

 

というのも、2次予選では各グループ奇数の5チームずつとなるため、各グループ毎試合1チームが “予選オフ日” に当たります。

つまり、2次予選の開幕自体は9月5日ですが、この日に “予選オフ日” に当たったチームは、9月10日が2次予選初戦となるわけです。

 

予選対戦順が決まるのは2次予選のポット分けが決定してからとなるため、来月14日にFIFAランキングが更新されてからとなる予定です。

ただ、日本代表の現在のFIFAランキングはアジアで2位のため、ポット1に入ることはまず確実。

あとはポット1のチームの予選対戦順がどのような日程になるかです。

 

ちなみに前回ロシアワールドカップの2次予選では、ポット1となった日本は初戦が “予選オフ日” でした。

今回も前回同様となった場合、日本代表の初戦は9月10日となります。

 

 

 

そして日本代表にとってもう一つ気になる2次予選の組み合わせ抽選ですが、こちらは今年7月17日 (水) にマレーシアのクアラルンプールで開催されます。

 

関連記事・関連ページ

スポンサーリンク