来年2020年もコパ・アメリカ開催!参加国やグループリーグ組み合わせなど現時点で決まっていることを確認

 

日本代表も招待国として参加した『コパ・アメリカ2019』。

大会は日本時間の今朝ブラジル対ペルーによる決勝戦が行われ、開催国ブラジルが4大会ぶり9回目の優勝を果たしました。

 

2019年大会はこれにより閉幕したわけですが、実は来年2020年にもコパ・アメリカが開催されます。

 

今回はその『コパ・アメリカ2020』について、なぜ2年連続で開催されるのかという理由と、開催国大会レギュレーション招待国を含めた出場国グループリーグ組み合わせや日程について確認してみます。

スポンサーリンク

なぜ2年連続でコパ・アメリカ開催?

コパ・アメリカが来年にも開催されると聞いて、サッカーファンは “最近コパ・アメリカ開催しすぎじゃない?” と感じている人も多いかと思います。

実際に2000年以降のコパ・アメリカ開催年を書き記してみると、以下のようになります。

  • 2001年
  • 2004年
  • 2007年
  • 2011年
  • 2015年
  • 2016年 (センテナリオ)
  • 2019年
  • 2020年

2001年~2007年までは3年おきに、2007年からは奇数年に統一して4年おきに開催されていますが、2016年に大会100周年記念として北中米カリブ海地域との共同開催を行ったため、2年連続の開催。

そして今回閉幕した2019年大会を通常通り行い、来年にイレギュラーな2020年大会を行う形となったため、2015・2016・2019・2020年と、6年間で4度も開催されるという事態になっています。

 

2020年大会から開催時期をユーロに合わせて大会価値を上げる狙い

ではなぜ来年も開催されることになったのかですが、それは大会開催時期を『ユーロ (EURO) :欧州選手権』に合わせるためです。

そうすることにより、各国の代表選手をより招集しやすくなるため、大会の価値を上げることにつながります。

ユーロに合わせるため来年2020年に開催しておき、そこからは2024年大会 ⇒ 2028年大会 ⇒ 2032年大会といった風に、4年おきにユーロに合わせて開催されていく見込みです。

 

これにより、怪我などを除き完全なベストメンバーで挑むことが各チーム可能となるわけですが、我々視聴者にとって新たな悩みが生まれます。

それはユーロと大会時期がかぶるので、両大会の試合が同じ時間に行われる可能性があることです。

予定されている日程では、ユーロとまったく同じ6月12日~7月12日の開催予定となっています。

 

試合時間がかぶった場合、今大会コパ・アメリカが女子ワールドカップの試合時間とかぶったように、2020年大会も今度はユーロと試合時間がかぶる可能性が高くなります。

またコパ・アメリカとユーロ両方視聴すると寝不足の時間がさらに増えることになるため、こちらも大きな悩みになってきそうです。

 

ちなみにコパ・アメリカ、ユーロの開催後に東京オリンピックも開催されるため、とくにサッカーファンにとって来年夏は忙しくなりそうです。

 

コパ・アメリカ2020の開催国とレギュレーション

コパ・アメリカ2020の開催国

続いてコパ・アメリカ2020の開催国と、大会のレギュレーションについてです。

 

コパ・アメリカ2020の開催国はすでに決まっており、アルゼンチンとコロンビアの2ヵ国共催となります。

コパ・アメリカにおいての2ヵ国共催は初です。

 

そして大会レギュレーションとしては、グループリーグはこれまでの大会では3グループに分かれていたのが2020年大会では2グループに。

参加国数は12チームと変更はないので、6ヵ国ずつの2グループというグループ分けです。

各チームグループ内総当たりで対戦するため、1節で3試合を行うことになり、それを5節行います。

各グループ上位4チームが決勝トーナメントへ進出でき、決勝トーナメントでは2019年大会と同じベスト8からとなります。

 

決勝トーナメントの組み込まれるポジションや開催地などについてはまだ決まっていません。

スポンサーリンク

 

コパ・アメリカ2020の参加国

コパ・アメリカ2020の参加国は以下の12チームに決定しています。

アルゼンチン (開催国) チリ ウルグアイ国旗ウルグアイ
コロンビア (開催国) エクアドル国旗エクアドル ベネズエラ国旗ベネズエラ
ブラジル パラグアイ国旗パラグアイ オーストラリア (招待国)
ボリビア ペルー国旗ペルー カタール国旗カタール (招待国)

南米所属の10チームに招待国2チームを合わせた計12チームです。

 

注目の招待国ですが、2020年大会もアジアの2チームが招待されています。

1チームはカタールで、2019年大会に続いての参加。

もう1チームはオーストラリアで、初のコパ・アメリカ参加となります。

日本代表は2020年大会に参加しないことが決定しています。

 

グループリーグ組み合わせ

アルゼンチンのスタジアム

開幕まで約一年ありますが、グループリーグの組み合わせもすでに決定しています。

 

今回は2ヵ国での開催となるため、グループの組み分けもその2ヵ国で完全に分かれて行うことが決定。

以下がグループリーグ組み合わせです。

北部グループ 南部グループ
コロンビア (開催国) アルゼンチン (開催国)
ブラジル ウルグアイ
ペルー チリ
エクアドル パラグアイ
ベネズエラ ボリビア
招待国 招待国

コロンビア開催の北部グループとアルゼンチン開催の南部グループに分かれ、それぞれの開催地でグループリーグを行います。

招待国のオーストラリアとカタールはそれぞれどちらかのグループに組み込まれますが、これはまだ未決定です。

 

まとめ (コパ・アメリカ2020について現時点でわかっていること)

最後に、コパ・アメリカ2020について今の時点でわかっていることのまとめです。

 

なお今大会は全試合DAZNでのライブ配信がありましたが、来年の大会でも放送があるのかどうかにも注目です。

関連記事・関連ページ

スポンサーリンク