“森保ジャパン”が挑むU-23アジア選手権が明後日9日に開幕!

公開日 2018年1月7日 最終更新日 2018年2月7日

明後日1月9日(火)に『2018年U-23アジア選手権(AFC U-23選手権2018)』が中国で開幕する。

この大会は23歳以下でアジアNo.1を決める大会である。

参加するのは予選を勝ち抜いた以下の16ヵ国。

中国、オマーン、サウジアラビア、カタール
ウズベキスタン、ヨルダン、オーストラリア、北朝鮮
マレーシア、韓国、タイ、パレスチナ
ベトナム、シリア、日本、イラク

日本代表も予選では中国に敗れるなどして苦戦したが、グループ2位のうちの成績上位6ヵ国までに与えられる出場権を辛うじて獲得した。
(日本はグループ2位のうちの成績4位)

それでは、本大会グループリーグ第1戦の試合日程を確認してみる。

スポンサーリンク

グループリーグ第1戦の試合日程

〖グループA〗
1月9日(火)
日本時間17:00(現地時間16:00)キックオフ『中国 - オマーン』
日本時間20:30(現地時間19:30)キックオフ『カタール - ウズベキスタン』
会場:常州オリンピック・スポーツセンター・スタジアム(常州)

〖グループB〗
1月10日(水)
日本時間17:00(現地時間16:00)キックオフ『北朝鮮 - タイ』
日本時間20:30(現地時間19:30)キックオフ『日本 - パレスチナ』
会場:江陰スタジアム(江陰)

〖グループC〗
1月10日(水)
日本時間17:00(現地時間16:00)キックオフ『イラク - マレーシア』
日本時間20:30(現地時間19:30)キックオフ『ヨルダン - サウジアラビア』
会場:常熟スタジアム(常熟)

〖グループD〗
1月11日(木)
日本時間17:00(現地時間16:00)キックオフ『オーストラリア - シリア』
日本時間20:30(現地時間19:30)キックオフ『韓国 - ベトナム』
会場:昆山体育中心(昆山)

 

大会の開幕戦は1月9日(火)日本時間17時キックオフの地元中国対オマーンの試合。

日本代表の初戦は1月10日(水)日本時間20時30分キックオフのパレスチナ戦。

会場は中国東部の江蘇省(こうそしょう)南部に位置する江陰(こういん)にある江陰スタジアム。

初戦でパレスチナと対戦したあとは13日(土)の第2戦でタイと、16日(火)の第3戦で北朝鮮と対戦する。

グループ上位2ヵ国に入ることができれば決勝トーナメントへ進出できる。

*大会の試合日程詳細はこちら⇒2018年U-23アジア選手権

今大会は2020年東京オリンピックを見据えて21歳以下のメンバーで挑む日本代表だが、前回優勝している日本はグループリーグ突破は最低の結果といえる。

なお既に発表されている日本代表メンバーから、MF初瀬亮(ガンバ大阪)が体調不良のため、FW前田大然(松本山雅FC)がケガのため離脱。

代わりにMF長沼洋一(FC岐阜)、FW旗手怜央(順天堂大学)が追加招集された。

果たして“森保ジャパン”はどのような戦いを見せてくれるのだろうか。

新たなU-21日本代表メンバーは以下の通り。

U-21日本代表最新メンバー(1月7日更新)

【GK】
 小島亨介(早稲田大学)
 阿部航斗(筑波大学)
 波多野豪(FC東京)

【DF】
 柳貴博(FC東京)
 庄司朋乃也(ツエーゲン金沢)
 立田悠悟(清水エスパルス)
 原輝綺(アルビレックス新潟)
 古賀太陽(柏レイソル)

【MF】
 板倉滉(ベガルタ仙台)
 浦田樹(ギラヴァンツ北九州)
 三好康児(北海道コンサドーレ札幌)
 神谷優太(愛媛FC)
 森島司(サンフレッチェ広島)
 初瀬亮(ガンバ大阪) ⇒長沼洋一(FC岐阜)
 井上潮音(東京ヴェルディ)
 高木彰人(ガンバ大阪)
 藤谷壮(ヴィッセル神戸)
 遠藤渓太(横浜F・マリノス)
 岩崎悠人(京都サンガF.C.)
 伊藤洋輝(ジュビロ磐田U-18)

【FW】
 前田大然(松本山雅FC) ⇒旗手怜央(順天堂大学)
 田川亨介(サガン鳥栖)
 小松蓮(産業能率大学)

スポンサーリンク