日本が初戦勝利、U-23アジア選手権が開幕!

森保ジャパン、初戦パレスチナに1-0勝利

23歳以下の選手でアジアNo.1を決める『U-23アジア選手権2018』が中国で昨日9日(火)に開幕。

2020年の東京オリンピックを見据えてU-23代表ではなくU-21代表で挑んでいる“森保ジャパン”も先ほど初戦を行い、1-0でパレスチナに勝利した。

森保ジャパン初の公式戦の初戦となった日本は前半20分、板倉滉がドリブルでペナルティーエリア外中央までボールを運びそこからミドルシュート。

これがゴール左に決まり日本が先制。

その後は両チームとも得点は生まれず、日本が1-0でパレスチナを下し初戦を勝利で飾った。

それでは今日行われた日本の属するグループB、同じく今日行われたグループCと昨日行われたグループAの初戦の結果を確認してみる。

スポンサーリンク

グループA、B、C初戦の試合結果

【グループA】
1月9日(火) 会場:常州
中国 3-0 オマーン
〖得点〗
 [中国] 前半30分:ヤン・リーユー、前半34分:リー・シャオミン、後半8分:シャオ・ウェイ
カタール 1-0 ウズベキスタン
〖得点〗
 [カタール] 後半10分:アルムーズ・アリ

【グループB】
1月10日(水) 会場:江陰
北朝鮮 1-0 タイ
〖得点〗
 [北朝鮮] 前半2分:リー・フン
日本 1-0 パレスチナ
〖得点〗
 [日本] 前半20分:板倉滉

【グループC】
1月10日(水) 会場:常熟
イラク 4-1 マレーシア
〖得点〗
 [イラク] 前半5分:ムハンマド・ジャファル、前半28分:アムジャド・アトワン、後半11分:アラー・アリ・ムハウィ、後半36分:フセイン・アリ・アルサエディ
  [マレーシア] 後半34分:サファウィ・ラシド
ヨルダン 2-2 サウジアラビア

〖得点〗
 [ヨルダン] 前半12分:バハー・ファイサル、後半33分:バハー・ファイサル
 [サウジアラビア] 後半40分:アブドゥッラ・アルアムリ、後半45+4分:ラカン・アルアッナーズィ(PK)


グループAでは開催国の中国がオマーンに3-0で快勝。

もう一試合ではカタールがウズベキスタンに1-0で勝利。

日本の属するグループBでは、前述のように日本が1-0でパレスチナに勝利。

日本戦の前に行われたもう一試合では、北朝鮮がタイに同じく1-0のスコアで勝利。

北朝鮮は前半開始直後の2分にリー・フン挙げた得点が決勝点となった。

そしてグループBと同時刻キックオフで行われたグループCでは、イラクがマレーシアに4-1で大勝。

イラクは前後半で2得点ずつを挙げ、マレーシアは後半に1点を返すのがやっとだった。

もう一試合ではヨルダンとサウジアラビアが2-2で引き分けた。

ヨルダンは前半に先制し後半にも追加点を挙げ2-0としたが、終了間際に2失点し引き分けに終わった。

明日11日(木)は下記のグループD初戦2試合が行われる。

オーストラリア - シリア(日本時間17:00キックオフ)
韓国 - ベトナム(日本時間20:30キックオフ)

スタジアムは崑山(こんざん)にある崑山体育中心。

そして日本は次戦13日(土)に初戦と同じく江陰スタジアムでタイと対戦する。

キックオフも初戦と同じく日本時間20:30(現地時間19:30)。

森保ジャパンは2連勝を飾ることはできるだろうか。

グループA、B、Cの第1戦を終えての順位表

順位 グループA 試合 勝ち 分け 負け 得点 失点 勝点
1 中国 1 1 0 0 3 0 +3 3
2 カタール 1 1 0 0 1 0 +1 3
3 ウズベキスタン 1 0 0 1 0 1 -1 0
4 オマーン 1 0 0 1 0 3 -3 0
順位 グループB 試合 勝ち 分け 負け 得点 失点 勝点
1 日本 1 1 0 0 1 0 +1 3
2 北朝鮮 1 1 0 0 1 0 +1 3
3 タイ 1 0 0 1 0 1 -1 0
4 パレスチナ 1 0 0 1 0 1 -1 0
順位 グループC 試合 勝ち 分け 負け 得点 失点 勝点
1 イラク 1 1 0 0 4 1 +3 3
2 サウジアラビア 1 0 1 0 2 2 0 1
3 ヨルダン 1 0 1 0 2 2 0 1
4 マレーシア 1 0 0 1 1 4 -3 0

詳細はこちら⇒U-23アジア選手権2018

スポンサーリンク