【アフリカネイションズ・チャンピオンシップ】ザンビアとナミビアが決勝トーナメント進出

グループAに続きグループBも第2戦で決勝トーナメント進出国が決まる

今月13日(現地時間)にモロッコで開幕した、国内組のみでアフリカNo.1を決める『アフリカネイションズ・チャンピオンシップ2018』。

先ほどグループB第2戦の2試合が行われ、ザンビアがコートジボワールに2-0で、ナミビアがウガンダに1-0でそれぞれ勝利。

この結果、ザンビアとナミビアが2連勝となり、最終戦を残し決勝トーナメント進出を決めた。

スポンサーリンク

コートジボワールは2連敗で敗退決定…

それではグループBの第2戦の試合結果は以下の通り。

【グループB】第2戦
1/18(木)日本時間25:30キックオフ
会場:マラケシュ
コートジボワール 0-2 ザンビア
〖得点〗
 [ザンビア]
 前半8分:オーガスティン・ムレンガ
 後半29分:オーガスティン・ムレンガ

1/18(木)日本時間28:30キックオフ
会場:マラケシュ
ウガンダ 0-1 ナミビア
〖得点〗
 [ナミビア]
 後半45+1分:ハレルヤ・ネクンディ


初戦のウガンダ戦に3-1で勝利していたザンビアは、初戦でも得点を挙げていたオーガスティン・ムレンガがこの試合でも2得点。

この2得点によりコートジボワールを2-0で下した。

一方、こちらも初戦のコートジボワール戦に1-0で勝利していたナミビアは、この試合退場者を出したウガンダに1-0で勝利。

0-0のまま試合終了かと思われた後半アディショナルタイムにハレルヤ・ネクンディが劇的な決勝点を挙げた。

この結果、ザンビアとナミビアが2連勝でともに勝ち点6とし、最終戦を残して決勝トーナメント進出を決めた。

なお、得失点差によりザンビアが1位、ナミビアが2位となっている。

最終戦では1位通過をかけザンビアとナミビアが直接対決する。

ウガンダとコートジボワールはともに2連敗で敗退が決定。

前回のブラジルW杯で日本を2-1で破るなどしたコートジボワールだが、海外組が不在とは言えロシアW杯の出場権を逃したのに続きこの大会でもグループリーグ敗退と散々な結果に終わった。

なお、得点数によりウガンダが3位、コートジボワールが最下位となっている。

ウガンダとコートジボワールは最終戦で対戦する。

これによりグループAとグループBが第2戦まで終了したが、両グループとも最終戦を待たずに決勝トーナメント進出の2ヵ国が決定した。

W杯にも出場するナイジェリアが今日リビアと対戦

今日19日(現地時間)はグループCの第2戦が行われる。

今年のロシアW杯にも出場するアフリカの強豪ナイジェリアは初戦で赤道ギニアに3-0で快勝したリビアと対戦。

ナイジェリアは初戦ルワンダと0-0のスコアレスドローだったため、この試合で勝利がほしいところである。

もう一試合ではルワンダと赤道ギニアが対戦する。

【グループC】第2戦
1/19(金)
日本時間25:30キックオフ
リビア - ナイジェリア

日本時間28:30キックオフ
ルワンダ - 赤道ギニア

*大会日程・結果
アフリカネイションズ・チャンピオンシップ2018

 

スポンサーリンク