ハリルJAPAN、3月の欧州遠征でマリ、ウクライナと対戦決定

マリはセネガル、ウクライナはポーランドを想定か

日本サッカー協会(JFA)は9日、来月の3月下旬に行う親善試合2試合の対戦相手が、マリ代表とウクライナ代表に決定したと発表した。

マリ代表とは現地時間3月23日(金)に、ウクライナ代表とは現地時間3月27日(火)に対戦する。

試合は2試合ともベルギーのリエージュにある「スタッド・モーリス・デュフラン」で行われる予定。

キックオフ時間は未定で、決まり次第発表される見通し。
*追記*(2018/2/15)
キックオフ時間がマリ戦は現地時間13:20、ウクライナ戦は現地時間14:20(両試合とも日本時間21:20)に決定。
(ちょうど2試合間の3月25日にベルギーではサマータイム開始となるため、時差が1時間減ることになる。)

日本は今年のロシアワールドカップのグループリーグ、初戦でコロンビア、第2戦でセネガル、第3戦でポーランドと対戦する予定となっているが、マリはセネガルを、ウクライナはポーランドを想定しマッチメイクしたと思われる。

なお、ウクライナ戦においては海外初の“キリンチャレンジカップ”として開催される予定。

スポンサーリンク

マリ、ウクライナはともにロシアW杯出場ならず

マリとウクライナはともにロシアワールドカップの出場を逃している。

マリはアフリカ予選で2次予選から登場。

ワールドカップ出場の経験はなく、初の出場を目指していた。

ホーム&アウェイ方式の2次予選ではボツワナと対戦し、アウェイでの第1戦は1-2で敗れてしまうが、ホームでの第2戦は2-0で勝利し2戦合計3-2と逆転し最終予選へ進出。

1位のみがワールドカップ出場となる最終予選ではモロッコ、コートジボワール、ガボンと同居。

初戦のコートジボワール戦に1-3で、第3戦のモロッコ戦には0-6で敗れ、それ以外の4戦ではすべて0-0という結果で、最終予選での得点も1得点のみ。

結局1勝もあげることができずに4分け2敗の最下位で予選敗退となり、初のワールドカップ出場は叶わなかった。

【マリ代表の2018年ロシアW杯予選成績】

〖2次予選〗
1-2(A)ボツワナ
2-0(H)ボツワナ
*2戦合計3-2で最終予選進出
〖最終予選〗
1-3(A)コートジボワール
0-0(H)ガボン
0-6(A)モロッコ
0-0(H)モロッコ
0-0(H)コートジボワール
0-0(A)ガボン
2分け4敗の最下位で予選敗退

*詳細
2018年FIFAW杯アフリカ2次予選
2018年FIFAW杯アフリカ最終予選 グループC

一方のウクライナは、ヨーロッパ予選でアイスランド、クロアチア、トルコ、フィンランド、コソボと同居。

グループ1位のみが無条件で出場確定、2位のうち成績上位8ヵ国がプレーオフ進出という条件だった。

過去のワールドカップ出場は2006年の1回のみで、その時はベスト8入りしている。

予選では7戦を終えて4勝2分け1敗という成績で2006年大会以来の出場も見えてきたウクライナだったが、勝てばプレーオフ進出の最終戦クロアチア戦で敗れて3位となり、惜しくも予選敗退となった。

【ウクライナ代表の2018年ロシアW杯予選成績】

1-1(H)アイスランド
2-2(A)トルコ
3-0(H)コソボ
1-0(H)フィンランド
0-1(A)クロアチア
2-1(A)フィンランド
2-0(H)トルコ
0-2(A)アイスランド
2-0(A)コソボ
0-2(H)クロアチア
5勝2分け3敗の3位で予選敗退

*詳細
2018年FIFAW杯ヨーロッパ予選 グループI

ウクライナ代表にはヤルモレンコやコノプリャンカら

なお、日本はマリとの過去の対戦はなく、今回が初の対戦となる。

選手にはバカリ・サコ(クリスタル・パレス/イングランド)、アダマ・トラオレ(ASモナコ/フランス⇒リオ・アヴェ/ポルトガル)、ムサ・ドゥンビア(ロストフ⇒アルセナル・トゥーラ/ロシア)、カリファ・クリバリー(ナント/フランス)などがいる。

一方のウクライナとは過去2度対戦し1勝1敗。

2試合とも親善試合で、2002年3月のホームでの試合では1-0で勝利、2005年10月アウェイでの試合では0-1で敗れている。

選手にはGKアンドリー・ピャトフ(シャフタール・ドネツク/ウクライナ)、そしてMFイェフフェン・コノプリャンカ(シャルケ/ドイツ)とアンドリー・ヤルモレンコ(ドルトムント/ドイツ)などがおり、さらに監督はシェフチェンコ氏が務めている。

最新のFIFAランキングではマリが71位、ウクライナが35位。(日本は56位)

W杯後の日程なども発表

これにより、3月と6月の親善試合2試合の相手が決定し、ワールドカップ前に行う試合で対戦相手が未定なのは5月30日(水)にホーム日産スタジアムで開催予定のワールドカップ壮行試合のみとなった。

なお、6月の2試合ではスイス、パラグアイと対戦することが既に決定している。

*参照
ハリルJAPAN、W杯直前の親善試合でスイスと対戦決定
ハリルJAPAN、W杯直前にパラグアイと対戦決定

そしてワールドカップ後に行うキリンチャレンジカップの日程と会場も発表された。

9月7日(金)には札幌ドームで、同11日(火)にはパナソニックスタジアム吹田でキリンチャレンジカップを行うことは決定していたが、新たに10月、11月についても決定。

10月12日(金)にデンカビックスワンスタジアムで、同16日(火)に埼玉スタジアム2002でキリンチャレンジカップを開催。

さらに11月16日(金)に大分スポーツ公園総合競技場で、同20日(火)に豊田スタジアムで同じくキリンチャレンジカップを開催。

いずれの試合も対戦相手は未定。

日程については以下を参照。

2018年日本代表 試合日程・結果
2018年FIFAワールドカップ グループH

 

スポンサーリンク