アジアカップ2019の組み合わせが決定!

来年2019年に中東のUAE(アラブ首長国連邦)で開催される、アジア地域の代表チームでNo.1を争う『アジアカップ2019』。

そのグループリーグの組み合わせ抽選会が、ドバイにある世界一高いビル “ブルジュ・ハリファ” 内のアルマーニホテルで先ほど日本時間5日午前0時30分から行われた。

抽選の結果、日本代表はウズベキスタン、オマーン、トルクメニスタンと同組のグループFに入った。

アジアカップは2019年大会から出場枠がこれまでの16から24に拡大され、決勝トーナメントにも16ヵ国が進出できる。

大会は来年1月5日~2月1日に行われる予定。

スポンサーリンク

日本はグループリーグでウズベキスタン、オマーン、トルクメニスタンと対戦

組み合わせ抽選会に用いられたポット分けは以下の通りだった。

ポット1 ポット2 ポット3 ポット4
UAE (開催国) 中国 キルギスタン 北朝鮮
イラン シリア レバノン フィリピン
オーストラリア ウズベキスタン パレスチナ バーレーン
日本 イラク オマーン ヨルダン
韓国 カタール インド イエメン
サウジアラビア タイ ベトナム トルクメニスタン

日本はイラン、オーストラリア、韓国、サウジアラビアらロシアワールドカップ出場国に加え開催国のUAEが一緒のポット1に入っていた。

日本は同じポットのこれらの国とはグループリーグで対戦しないことが確定していた。

そして先ほど行われた抽選結果は以下の通りとなった。

グループA グループB グループC
[A1]UAE [B1]オーストラリア [C1]韓国
[A2]タイ [B2]シリア [C2]中国
[A3]インド [B3]パレスチナ [C3]キルギスタン
[A4]バーレーン [B4]ヨルダン [C4]フィリピン
グループD グループE グループF
[D1]イラン [E1]サウジアラビア [F1]日本
[D2]イラク [E2]カタール [F2]ウズベキスタン
[D3]ベトナム [E3]レバノン [F3]オマーン
[D4]イエメン [E4]北朝鮮 [F4]トルクメニスタン

日本はウズベキスタン、オマーン、トルクメニスタンと一緒のグループFに入った。

抽選ではポット4からポット3、ポット2、ポット1の順に振り分けられていき、ポット1の日本は呼ばれたのが出場国で一番最後だった。

因みに来月開幕するFIFAワールドカップの抽選でも、日本は出場32ヵ国中一番最後に呼ばれた。

 

その他のグループでは、グループAに開催国でアルベルト・ザッケローニ監督率いるUAE、そしてタイ、インド、バーレーンが入った。

グループBには前回王者のオーストラリア、そしてシリア、パレスチナ、ヨルダン。

グループCにはお隣の韓国と中国が同居する形となり、加えてキルギスタンとフィリピンが入った。

グループDには現在FIFAランキングでアジア最上位のイラン、2007年大会王者のイラク、そしてベトナムとイエメンが入った。

グループEもサウジアラビア、カタール、レバノンの中東3ヵ国に加え北朝鮮という組み合わせになった。

日本の初戦はアブダビでのトルクメニスタン戦

この結果、日本の初戦は1月9日(水)、アブダビでのトルクメニスタン戦となった。

第2戦では同13日(日)にアブダビでオマーンと、第3戦では17日(木)にアル・アインでウズベキスタンと対戦する。

キックオフ時間はいずれも未定。

*追記* (2018/5/7)
キックオフ時間は、

初戦のトルクメニスタン戦が20時
第2戦のオマーン戦が22時30分
第3戦のウズベキスタン戦が22時30分
(いずれも日本時間)

とアジアサッカー連盟(AFC)が発表。

最新のFIFAランキングではトルクメニスタンが129位、オマーンが87位、ウズベキスタンが88位。

(日本は60位。)

グループリーグでは各グループ上位2ヵ国と各グループ3位のうち成績上位4ヵ国が決勝トーナメントへ進出する。

大会は来年1月5日に開催国UAE対バーレーンの試合で開幕し、決勝戦は2月1日に行われる予定。

 

*参照*
アジアカップ2019
アジアカップ2019予選

関連記事・関連ページ

スポンサーリンク