U-17女子ワールドカップ2018が明日開幕…大会概要・日本の試合日程まとめ

公開日 2018年11月12日 最終更新日 2018年11月12日

17歳以下の女子代表チームで世界No.1を決める『U-17女子ワールドカップ2018』が、現地時間の明日13日にウルグアイで開幕します。

大会にはU-17女子日本代表(通称“リトルなでしこ”)も出場。

2014年大会で優勝している日本は、今大会で2回目の優勝を目指して戦います。

今回はその『U-17女子ワールドカップ2018』についてまとめました。

スポンサーリンク

大会概要

開催国:ウルグアイ

開催期間:2018年11月13日(火)~ 12月1日(土)

参加国数:16ヵ国

スタジアム数:3スタジアム(3都市)

 ①エスタディオ・チャルーア(モンテヴィデオ)
  収容人数:14,000人

 ②エスタディオ・プロフェソール・アルベルト・スピシ(コロニア・デル・サクラメント)
  収容人数:6,500人

 ③エスタディオ・ドミンゴ・ブルゲーニョ(マルドナド)
  収容人数:25,000人

 

開催国はウルグアイで、南米大陸での開催はこの大会初です。

大会で使用されるスタジアムは計3つと少なめで、収容人数の一番多いスタジアムでもマルドナドにある2万5千人収容のスタジアム。

首都モンテヴィデオで使用されるスタジアムも収容人数1万4千人で、コロニア・デル・サクラメントにあるスタジアムは収容人数わずか6千5百人となっています。

グループリーグ組み合わせ

順位 グループA 試合 勝ち 分け 負け 得点 失点 勝点
  ウルグアイ                
  ガーナ                
  ニュージーランド                
  フィンランド                
順位 グループB 試合 勝ち 分け 負け 得点 失点 勝点
  メキシコ                
  南アフリカ                
  ブラジル                
  日本                
順位 グループC 試合 勝ち 分け 負け 得点 失点 勝点
  アメリカ                
  カメルーン                
  北朝鮮                
  ドイツ                
順位 グループD 試合 勝ち 分け 負け 得点 失点 勝点
  韓国                
  スペイン                
  カナダ                
  コロンビア                

日本はグループBで、メキシコ、南アフリカ、ブラジルと同居。

メキシコとブラジルのこの大会最高成績はベスト8で、南アフリカの最高成績はグループステージ最下位。

(日本の最高成績は2014年大会の優勝)

 

前回王者でもあり過去2回優勝の北朝鮮はグループCで、アメリカ、カメルーン、ドイツと同居。

2010年大会王者の韓国はグループDで、スペイン、カナダ、コロンビアと同居。

 

今大会初出場はグループAのフィンランドのみです。

過去の大会成績

開催年 優勝 準優勝 3位
2008年ニュージーランド大会 北朝鮮 アメリカ ドイツ
2010年トリニダード・トバゴ大会 韓国 日本 スペイン
2012年アゼルバイジャン大会 フランス 北朝鮮 ガーナ
2014年コスタリカ大会 日本 スペイン イタリア
2016年ヨルダン大会 北朝鮮 日本 スペイン

このU-17女子ワールドカップですが、初開催されたのは2008年と、歴史はまだ浅いです。

今回の2018年大会が6回目の開催となります。

 

2008年の第1回大会で優勝したのは北朝鮮。

決勝戦で延長戦の末アメリカに2-1で勝利し初代王者に輝きました。

 

続く2010年の第2回大会では韓国が優勝。

決勝戦では日本を延長3-3からのPK戦5-4で下し初優勝。

日本としては準優勝に終わった悔しい大会でした。

 

続く2012年第3回大会では、決勝戦でフランスが北朝鮮に延長1-1からのPK戦を7-6で制し初優勝。

そして2014年第4回大会では、スペインに2-0で勝利した日本が初優勝を飾りました。

 

その2年後、前回2016年大会で連覇を目指した日本でしたが、決勝進出を果たしたものの、北朝鮮に延長0-0からのPK戦に4-5で敗れて連覇ならず。

一方の北朝鮮は第1回大会以来2度目の優勝を果たしました。

 

これまで5回のうち北朝鮮の優勝が2回、日本、韓国、フランスの優勝が1回ずつと、5回中4回は北朝鮮、日本、韓国が優勝しており、東アジア勢が強さを見せつけています。

 

【U-17女子W杯 日本代表成績】

2008年大会:ベスト8

2010年大会:準優勝

2012年大会:ベスト8

2014年大会:優勝

2016年大会:準優勝

 

日本はこの大会で優勝1回、準優勝2回と好成績を収めています。

最低でもベスト8へ進出しており、グループリーグ敗退は一度もありません。

日本代表の試合日程

U-17女子日本代表の試合日程は以下の通りです。

 

*キックオフは日本時間

【グループリーグ第1戦】

11月14日(水)

キックオフ:午前2時

スタジアム:エスタディオ・ドミンゴ・ブルゲーニョ(マルドナド)

『ブラジル 対 日本』

 

【グループリーグ第2戦】

11月17日(土)

キックオフ:午前2時

スタジアム:エスタディオ・ドミンゴ・ブルゲーニョ(マルドナド)

『日本 対 南アフリカ』

 

【グループリーグ第3戦】

11月21日(水)

キックオフ:午前2時

スタジアム:エスタディオ・ドミンゴ・ブルゲーニョ(マルドナド)

『日本 対 メキシコ』

 

 

※日本がグループを1位突破した場合

【準々決勝(決勝トーナメント1回戦)】

11月25日(日)

キックオフ:午前5時

スタジアム:エスタディオ・プロフェソール・アルベルト・スピシ(コロニア・デル・サクラメント)

グループB1位 対 グループA2位』

 

【準決勝】

11月29日(木)

キックオフ:午前4時

スタジアム:エスタディオ・チャルーア(モンテヴィデオ)

B1位対A2位(勝者) 対 D1位対C2位(勝者)』

 

 

※日本がグループを2位突破した場合

【準々決勝(決勝トーナメント1回戦)】

11月26日(月)

キックオフ:午前4時

スタジアム:エスタディオ・チャルーア(モンテヴィデオ)

『グループA1位 対 グループB2位

 

【準決勝】

11月29日(木)

キックオフ:午前7時

スタジアム:エスタディオ・チャルーア(モンテヴィデオ)

『A1位対B2位(勝者) 対 C1位対D2位(勝者)』

 

 

【3位決定戦】

12月2日(日)

キックオフ:午前4時

スタジアム:エスタディオ・チャルーア(モンテヴィデオ)

『準決勝(敗者) 対 準決勝(敗者)』

 

【決勝】

12月2日(日)

キックオフ:午前7時

スタジアム:エスタディオ・チャルーア(モンテヴィデオ)

『準決勝(勝者) 対 準決勝(勝者)』

 

 

*参照*
U-17女子ワールドカップ2018

スポンサーリンク