【2019年FIFA女子ワールドカップ】オランダとアルゼンチンが新たに出場権獲得

公開日 2018年11月14日 最終更新日 2018年11月14日

来年6月にフランスで開幕する女子のワールドカップ『2019FIFA女子ワールドカップ』。

その出場権をかけた予選が各大陸で行われており、日本時間今朝にはヨーロッパ予選プレーオフと大陸間プレーオフ(南米-北中米カリブ海)の2試合が行われ、新たにオランダアルゼンチンがワールドカップ出場権を獲得しました。

スポンサーリンク

ヨーロッパ予選プレーオフ…オランダが2大会連続の出場

ヨーロッパ地区からのワールドカップ出場枠は、開催国フランスを除けば8ヵ国。

その8ヵ国のうち7ヵ国は既に決定しており、残りの1枠をプレーオフで争う形となっていました。

そして日本時間の今日明け方行われたプレーオフ決勝セカンドレグでは、オランダがスイスと1-1で引き分け、2戦合計4-1で勝利。

(ファーストレグはオランダが3-0で勝利)

2大会連続2回目の出場権を獲得しました。

 

【ヨーロッパ予選】

プレーオフ決勝 セカンドレグ

キックオフ:2018/11/14(水)03:00
スタジアム:LIPOパーク(シャフハウゼン)

『スイス 1-1 オランダ』

 

<2戦合計>
オランダ 4-1 スイス

*オランダ、2大会連続2回目の出場権獲得

 

これにより、ヨーロッパからの全出場国が決定。

開催国フランスを合わせた出場9ヵ国は以下のとおりとなっています。

【ヨーロッパ出場国(9ヵ国)】

出場回数
フランス (開催国) 3大会連続4回目
スペイン 2大会連続2回目
イタリア 5大会ぶり3回目
イングランド 4大会連続5回目
スコットランド 初出場
ノルウェー 8大会連続8回目
スウェーデン 8大会連続8回目
ドイツ 8大会連続8回目
オランダ 2大会連続2回目

南米vs北中米カリブ海プレーオフ…アルゼンチンが3大会ぶりの出場

続いて、南米 – 北中米カリブ海間の大陸間プレーオフでは、南米予選(女子コパ・アメリカ)3位のアルゼンチンが、北中米カリブ海予選(CONCACAF女子選手権)4位のパナマとプレーオフセカンドレグで対戦。

試合は1-1で引き分け、2戦合計5-1でアルゼンチンが勝利。

(ファーストレグはアルゼンチンが4-0で勝利)

3大会ぶり3回目の出場権を獲得しました。

 

【大陸間プレーオフ(南米-北中米カリブ海)】

プレーオフ セカンドレグ

キックオフ:2018/11/14(水)10:00
スタジアム:エスタディオ・ロンメル・フェルナンデス(パナマシティ)

『パナマ 1-1 アルゼンチン』

<2戦合計>
アルゼンチン 5-1 パナマ

*アルゼンチン、3大会ぶり3回目の出場権獲得

 

この結果、南米と北中米カリブ海地区からの出場それぞれ3ヵ国は以下のとおりとなっています。

【南米出場国(3ヵ国)】

出場回数
ブラジル 8大会連続8回目
チリ 初出場
アルゼンチン 3大会ぶり3回目

【北中米カリブ海出場国(3ヵ国)】

出場回数
アメリカ 8大会連続8回目
カナダ 7大会連続7回目
ジャマイカ 初出場

残すはアフリカとオセアニアのみ…12月1日に全出場国が決定

今回のプレーオフにより、ヨーロッパ地区と南米地区、北中米カリブ海地区の予選が終了。

残すはアフリカ地区とオセアニア地区のみとなりました。

そしてそのアフリカとオセアニア予選ですが、今月開幕予定となっています。

アフリカ予選は17日に、オセアニア予選は18日に開幕。

 

アフリカ予選は、『女子アフリカネイションズカップ2018』で3位までに入ったチーム3ヵ国が出場権獲得。

オセアニア予選は、『女子オセアニアネイションズカップ2018』で優勝したチーム1ヵ国のみが出場権獲得。

両大会とも12月1日に決勝戦を実施。

同日に2019年女子ワールドカップの出場国全24ヵ国が出揃う予定となっています。

 

 

*参照*
2019年FIFA女子ワールドカップ
2019年FIFA女子ワールドカップ ヨーロッパ予選
女子コパ・アメリカ2018
CONCACAF女子選手権2018
女子アフリカネイションズカップ2018
女子オセアニアネイションズカップ2018

 

スポンサーリンク