カタールとの時差は?2022年カタールW杯のキックオフ時間5パターンが発表!

公開日 2019年5月25日 最終更新日 2022年4月7日

ヘッダー画像

 

2022年4月1日、カタールW杯本大会の組み合わせ抽選会が開催され、グループリーグの組分けが決定しました。

 

そこで気になるのが、「本大会のキックオフ時間」です。

 

 

この記事では、2022年カタールW杯のキックオフ時間を、カタールと日本との時差を踏まえながらご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

カタールとの時差は?2022年カタールW杯のキックオフ時間5パターンが発表!

2022年W杯が開催されるカタールと日本との時差は「6時間」です。

 

日本のほうがカタールより6時間進んでいます。

11月~12月の開催なのでサマータイムは関係ありませんが、そもそもカタールはサマータイムを導入していません。

 

ちなみに前回2018年ロシアW杯でも、主要開催都市(モスクワなど)と日本との時差は6時間でした。

 

そして、すでに発表されているカタールW杯のキックオフ時間は5パターンで、以下のとおり。

 

 

つまり、カタールと日本との時差が6時間なので、

 

日本時間ではちょうどゴールデンタイム~早朝にかけてとなり、予想されていたとおりのキックオフ時間となりました。

 

グループリーグでのキックオフ時間は?

2022年カタールW杯グループ

グループリーグでのキックオフ時間は、上記5パターンのすべてが適用されます。

初戦&第2戦では、現地18時(日本時間深夜0時)以外のすべてが適用。

 

今大会のグループリーグ、初戦&第2戦では1日に4試合を行うスケジュールとなっており、毎日

  1. 現地13時 ⇒ 日本19時
  2. 現地16時 ⇒ 日本22時
  3. 現地19時 ⇒ 日本25時(深夜1時)
  4. 現地22時 ⇒ 日本28時(深夜4時)

のキックオフ時間で試合が開催されます。

(2018年ロシア大会や2014年ブラジル大会など直近の大会では、初戦&第2戦は1日3試合でした。)

 

ちなみに前回2018年W杯では、初戦&第2戦は日本時間21時・24時・28時の3パターンで進んでいきました。

このことから、全試合を見たい場合、前回大会よりも2時間早く見始めて1時間遅く見終わるというかなりハードなスケジュールとなります。

 

一方、グループリーグ最終戦では、現地18時(日本時間深夜0時)&現地22時(日本時間深夜4時)の2パターンのみ適用ですが、同グループの2試合が同時キックオフとなるので、1日の開催試合数は4試合と、初戦&第2戦と変わりありません。

グループリーグ最終戦の2試合とも見たい場合、2つのデバイスが必要となりそうです。

 

決勝トーナメントのキックオフ時間は?

続いて、決勝トーナメントのキックオフ時間ですが、グループリーグ最終戦と同じ、現地18時(日本時間深夜0時)&現地22時(日本時間深夜4時)の2パターンです。

ラウンドオブ16は毎日この2パターンで4日連続開催。

準々決勝もこの2パターンで2日連続開催。

準決勝は2試合とも現地22時(日本時間深夜4時)キックオフで、1試合ずつ2日連続開催。

 

そして注目の決勝戦ですが、こちらは現地18時(日本時間深夜0時)のほうで開催されます。

(3位決定戦も同じ)

 

 

カタールW杯での日本代表戦のキックオフ時間も決定!

2022年カタールW杯・日本代表のグループ

 

 

日本代表のグループリーグ3試合のうち、初戦と第2戦の2試合は、日本で比較的見やすい時間帯となりました。

(初戦ドイツ戦、11月23日は日本では祝日)

ただ、第3戦スペイン戦は平日金曜日の早朝4時ということで、仕事がある人は寝不足確定の時間帯です。

 

日本代表としてはかなり厳しいグループに入りましたが、本気のドイツやスペインとW杯の舞台で戦える機会はそうありません。

グループ突破は厳しいとの見方が大半ですが、強豪相手に日本代表がどのような戦いを見せるのか、エキサイティングな試合となることは間違いなしです。

スポンサーリンク