2022年ワールドカップ予選はいつから? 全6大陸の予選日程やレギュレーションを確認

ワールドカップ

 

日本代表がベスト16進出を果たし、史上初のベスト8入りまであと一歩と迫ったロシアワールドカップ。

 

あれから時がたち、次なるFIFAワールドカップである『2022年カタール大会』の予選が、すでに各地で始まっています。

 

カタール大会では、これまでのワールドカップのように夏開催ではなく史上初の冬開催となるなど、開催時期の変更がありました。

 

本大会の出場枠に関しても、一時は現行の「32」から「48」への拡大が取り沙汰されていましたが、最終的に出場枠は今まで通り32チームのまま実行することが発表されています。

 

2019年6月に世界で最も早く開幕したアジアのワールドカップ予選ですが、今後は2022年春にかけて、世界各地で予選が行われていく予定となっています。

 

そこで今回は、カタール大会の全6大陸の予選日程やレギュレーションについて、確認してみます。

 

 

スポンサーリンク

アジア予選日程

アジア

まずは日本代表の所属するアジア予選からです。

 

アジアでは1次予選がすでに終了し、現在は日本代表も参加の2時予選を開催中。

2次予選は2019年9月からスタートしています。

 

以下が、アジア予選の日程になります。

 

1次予選日程

⇒ 2022年FIFAワールドカップ アジア1次予選

 

2次予選日程

⇒ 2022年FIFAワールドカップ アジア2次予選

 

3次予選 (最終予選) 日程

⇒ 2022年FIFAワールドカップ アジア3次予選

 

アジアプレーオフ日程

⇒ 2022年FIFAワールドカップ アジアプレーオフ

 

2次予選のスタートは今年の9月5日ですが、2次予選は各グループ奇数の5チームずつになるので、毎節1チームが「予選休み」となります。

日本代表はちょうど最初の節が「予選休み」にあたるので、日本の初戦は9月10日です。

 

そして予選日程の一覧を見てお気づきのとおり、予選の全試合が木曜日と火曜日に組まれています。

予選は国際Aマッチデー期間に開催されるため、近年では基本的に毎回国際Aマッチウィークの木曜日⇒火曜日という形の開催パターンとなっています。

 

3次予選 (最終予選) 最後のほうの国際Aマッチウィークでは火曜日のみ予選が組まれていますが、その前の木曜日辺りにはおそらく国際親善試合が組まれるかと思います。

 

アジア予選のレギュレーション

 

オセアニア予選日程

オセアニア

続いてオセアニア予選ですが、詳細はまだ発表されていません。

 

※詳細は決まりしだい更新

 

※詳細未定

※2020年~2021年11月の予定

 (大陸間プレーオフの日程は含めず)

 

オセアニア予選のレギュレーション

出場枠:0.5

※詳細未定

 

スポンサーリンク

 

アフリカ予選日程

アフリカ

続いてアフリカ予選ですが、2019年6月11日にアフリカ予選のフォーマットが決定し、2014年ブラジル大会の予選と同じ形式で行われることが決定しました。

 

つまり、ワールドカップ出場を決める最後の戦いは、2試合のみのホーム&アウェイ方式で決めることになります。

 

1次予選日程

⇒ 2022年FIFAワールドカップ アフリカ1次予選

 

2次予選日程

⇒ 2022年FIFAワールドカップ アフリカ2次予選

 

3次予選(最終予選)日程

⇒ 2022年FIFAワールドカップ アフリカ最終予選

 

アフリカ予選のレギュレーション

 

北中米カリブ海予選日程

北中米カリブ海

そして北中米カリブ海ですが、こちらは2019年7月10日に予選形式が発表されました。

 

今回の予選ですが、これまでの形式から大きく変わり、初のフォーマットが採用となっています。

 

トップシードラウンド日程

⇒ 2022年FIFAワールドカップ 北中米カリブ海予選トップシードラウンド

 

下位ラウンド日程

⇒ 2022年FIFAワールドカップ 北中米カリブ海予選下位ラウンド

 

北中米カリブ海プレーオフ

 

北中米カリブ海予選のレギュレーション

 

南米予選日程

南米

続いて南米ですが、こちらも詳細な日にちは決定してませんが、開催ウィークは決まっています。

⇒ 2022年FIFAワールドカップ 南米予選

 

南米予選のレギュレーション

 

ヨーロッパ予選日程

ヨーロッパ

最後にヨーロッパ予選ですが、こちらも今回から新フォーマットが採用予定です。

 

最初のグループでの予選ではこれまで通り、各グループ1位が出場権を獲得しますが、2位のチームが戦うプレーオフについては、「UEFAネーションズリーグ2020-21」の成績上位のチームもふくめた全12チームにより、4チームずつ3つのプレーオフグループに分かれて準決勝・決勝とトーナメントを戦う方式が発表されています。

 

ヨーロッパ予選のレギュレーション

スポンサーリンク

 

大陸間プレーオフ日程

また、大陸間プレーオフについても確認しておきます。

 

大陸間プレーオフは全予選日程の最後に行われます。

詳細の日にちまだは決まっていません。

*詳細未定

*2022年3月の予定

*決定次第掲載予定

 

大陸間プレーオフのレギュレーション

    • 参加:大陸間プレーオフ進出4チーム (アジア、オセアニア、北中米カリブ海、南米)
    • 方式:2チームずつ2組に分かれてホーム&アウェー方式で対戦

*対戦の組み合わせは抽選により決定

    • 条件:各組勝者 (計2チーム) がワールドカップ出場権獲得

 

本大会の組み合わせ抽選はいつ?

ワールドカップ本大会の組み合わせ抽選ですが、現時点では2022年4月に予定されています。

 

これまでであれば本大会開催が6月~7月頃だったので、組み合わせ抽選は半年前の12月に行われていました。

今回は11月~12月の開催ということで、組み合わせ抽選は4月頃の予定となっています。

 

【まとめ】欧州と北中米カリブ海では新フォーマットを採用

今回の記事についてのまとめです。

 

なお、予選日程については組み合わせ決定後に各協会の事情による日にちの変更もあり得るため、必ずしも決定しているわけではありません。

日にちが数日ずれることや、別のAマッチウィークに開催される可能性もあります。

 

各項目の未定となっている箇所は、決定しだい掲載します。

 

関連記事・関連ページ

スポンサーリンク