DAZN(ダゾーン)で英語実況と日本語実況の切り替えはできない【実況がつく・つかない試合のちがいは?】

 

サッカーやその他数多くのスポーツを見ることができる『DAZN (ダゾーン)』。

 

そのDAZNでサッカーの試合を視聴する際に気になるのが、実況・解説などの音声。

この辺りがとても気になるかと思います。

 

そこでこの記事では、「英語実況と日本語実況のちがい・確認方法」や「実況者・解説者の確認方法」などについて確認してみます。

 

 

スポンサーリンク

 

DAZN(ダゾーン)には英語実況と日本語実況がある

まず、DAZN(ダゾーン)には「英語実況」と「日本語実況」があります。

 

サッカーの場合、日本語実況がつかない試合はすべて英語実況となっています。

 

Jリーグの場合、すべての試合に実況がつきます。

J3は実況のみですが、J1とJ2は全試合実況に加えて解説もついています。

 

一方、海外サッカーの場合は、一部の試合に日本語実況・解説がつき、それ以外の試合はすべて英語実況となります。

また、日本語実況のみで、解説がつかない試合もあります。

と言っても、人気のある試合にはほとんど実況・解説がつくことが多いです。

 

日本語実況や解説がつく試合とつかない試合のちがい

そして、日本語実況や解説がつく試合とつかない試合とのちがいですが、人気のある試合などには日本語実況や解説がつきます

 

人気のある試合=「ビッグクラブ、強豪クラブ、日本人選手が所属するクラブ」などです。

 

プレミアリーグで言えば、リヴァプール、トッテナム、チェルシー、アーセナル、マンC、マンUなど。

ラ・リーガで言えば、バルセロナ、レアル・マドリード、アトレティコ、マジョルカなど。

 

これらのチームの試合は日本語実況・解説がつくことが多く、解説がつかない試合でも実況は基本的につきます。

まれに英語実況のみの場合もありますが、強豪対決などは過去の例からみても、必ず日本語実況・解説ともについています。

 

また、「UEFAチャンピオンズリーグ」でもほとんどの試合で日本語実況・解説がつきます。

「UEFAヨーロッパリーグ」に関しては、一部の試合で日本語実況のみがつきます。

こちらも人気の高い試合ほど日本語実況・解説がつく傾向です。

 

マイナークラブでも日本人選手の所属するチームでは、日本語実況・解説がつく試合があります。

 

DAZNでは英語実況と日本語実況の切り替えはできない

そして英語実況を日本語実況に切り替えたいときや、またその逆もあるかと思います。

しかしながら、DAZNでは「英語実況⇔日本語実況の切り替え」はできません。

 

もし音声を聴きたくない場合は、音量をミュートにして映像だけを楽しむしかありません。

 

スポンサーリンク

 

英語実況と日本語実況・解説者がつくのかの確認方法

続いて、DAZNで「どの試合が英語実況でどの試合が日本語実況なのか」、「どの試合に実況、また解説がつくのか」の確認方法です。

 

以下の番組表が参考になります。

⇒ DAZN番組表

 

こちらの番組表の一番右の「実況・解説」の項目を見れば、一目でわかります。

※番組表は2週間先まで表示されます
※新しい情報は決まり次第更新されます
※過去の番組も1週間前まで見られます

 

この番組表を確認することで、自分の応援するクラブには毎回日本語実況がつくのかどうか、あるいは担当者の傾向もわかってくるかと思います。

 

DAZNの画面表示を英語に切り替えることは可能

DAZNの英語表示

ちなみに、DAZNの画面の表示を日本語表示から英語表示に切り替えることは可能です。

 

なお、PCの場合はすぐに英語表示に切り替わりますが、スマホの場合は反映までに15分ほどかかる場合があります。

 

【まとめ】今後DAZNに実況の切り替え機能ができることに期待

今回のまとめですが、DAZNには英語実況と日本語実況の切り替え機能がないため、視聴者が実況を選択することはできないことがわかりました。

 

普段サッカーをDAZNで見ていると、実況者・解説者の好き嫌いも出てくるかと思います。

また、たまに英語実況の試合を見たりすると、「英語のほうが聴き心地いいな…」と思うこともあるかと思います。

 

口コミでは、

「DAZN、日本語と英語の実況の切り替えをできるようにして下さい。」

といった意見も多く見受けられます。

今後のDAZN、実況の切り替え機能が誕生することに期待です。

 

 

スポンサーリンク