サッカーワールドカップ予選にも新型コロナウイルスの影響【日本代表戦も延期か】

現在、日本国内で新型コロナウイルスが広がりつつあり、サッカー界にも影響を及ぼしています。

 

今月25日には、3月15日までに行われる予定だったJリーグの公式戦全94試合を延期することが発表されています。

さらに世界のサッカー界に目を向けると、イタリアリーグのセリエAも、試合の延期や無観客試合の措置を発表。

そして3月末に訪れる国際Aマッチデーでは、アジアにおいては「2022年カタールW杯のアジア2次予選」が行われますが、すでに中国代表はタイでの中立地開催が決定しています。

 

日本代表もミャンマー戦とモンゴル戦を控えていますが、これらの試合が通常通り行われるかは不透明な状況。

 

そこでこの記事では、3月開催予定の「2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選」「日本代表戦」などの新型コロナウイルスの影響について、情報をまとめてみました。

新たな情報は入り次第、更新していきます。

 

 

スポンサーリンク

 

サッカーワールドカップ予選の新型コロナウイルスによる影響

まず、3月の国際Aマッチデー期間に行われる予定のサッカー「2022年カタールワールドカップ予選」の影響についてです。

 

2月27日時点ですでに新型コロナウイルスによる影響が出ているのが、中国代表です。

新型コロナウイルスの発生源である中国の地ではとうてい開催が不可能であるため、同代表の予選は第3国・タイで開催されることが発表されています。

ホームで開催予定だったモルディブ戦だけでなく、アウェイでのグアム戦もタイ開催に。

 

※2月27日時点の情報

代表チーム 対戦相手 変更内容
中国代表 モルディブ代表 ホームでの開催

タイでの開催
グアム代表 アウェイでの開催

タイでの開催

⇒ 2022年カタールW杯アジア2次予選の全日程・結果

 

ご覧のように、現時点で新型コロナによる影響が出ているのは中国代表のみですが、今後日本や韓国をふくめ多くの国に影響が出てくることが予想されています。

AFC (アジアサッカー連盟) は3月2日と7日&8日に緊急会議を開催すると発表しており、近々、開催地変更や予選自体の延期などの措置がとられるかと思われます。

 

日本代表の新型コロナウイルスの影響

前述したとおり、日本代表も新型コロナウイルスの影響は避けられない状況です。

3月末のAマッチ期間に開催される上記の2試合は、延期になる可能性が高まっています。

 

また、同じ期間に東京五輪代表の強化試合として開催予定の以下の2試合ですが、こちらも延期あるいは中止となる可能性大です。

 

⇒ 日本代表のカタールW杯アジア2次予選の日程・結果

 

ここまでのサッカー界における新型コロナの影響

ちなみに、ワールドカップ予選だけでなく、サッカー界においても新型コロナは大きな影響を及ぼしています。

 

以下のように、Jリーグをふくめ中国リーグや韓国リーグはもちろん、欧州の中で感染が広がるイタリアでもセリエAも複数試合が延期となっています。

発表日
(2020年)
国 / 地域 発表内容
1/30 中国 中国スーパーリーグの開幕を延期 (※2月22日開幕の予定であった)
2/4 アジア ACLの中国クラブの出場試合を延期 (3月3日&4日⇒5月26日&27日)
2/14   3月30日に開催予定の「タイvsパナマ」の親善試合が延期
2/19 アジア ACLの試合日程を変更 (ホーム戦とアウェイ戦の入れ替えなど)
2/21 アジア カタールW杯予選の中国代表の2試合をタイで開催 (3月26日&31日)
2/22 イタリア セリエAの3試合、セリエBの1試合を延期
2/24 韓国 Kリーグの開幕を延期 (※開幕節は29日&3月1日開催の予定であった)
ACLのホーム戦を無観客試合で行う措置 (3月3日&4日など)
2/25 日本 3月15日までに行われる予定だったJリーグの公式戦すべての試合を延期
(J1、J2、J3、ルヴァンカップ)

※情報は2月27日時点のもの

 

今後のサッカー界はどうなるのか

最後に、今後のサッカー界は新型コロナウイルスによりどうなるのか。

 

日本のJリーグをふくめ中国や韓国のリーグ戦、さらにACLなどはすでに延期や日程の変更がありますが、今後その他のアジア地域でも感染が広がった場合、当然リーグ戦の延期は出てくるかと思います。

 

また、欧州サッカーも気になるところです。

イタリアではすでに影響が出てますが、その他にも新型コロナの感染者が出ているスペイン、フランス、ドイツでも、今後感染者が増え続けた場合は、リーグ戦の延期などを余儀なくされるかと思います。

 

そして夏場に日本で開催される「東京五輪」までも、開催が危ぶまれている状況。

 

今この2月末~3月にかけてが、感染者が激増してしまうのか、それとも増えたとしてもある程度は抑えることができるのか、重要な時期です。

今このタイミングでの封じ込めに成功しなければ、東京五輪の延期or中止が現実になってしまう可能性は十分あります。

 

またサッカーファンとしては、6月に欧州で開幕予定の「ユーロ2020」にも影響が及ばないか、こちらも心配ではあります。

今後の動向に注目です。

 

スポンサーリンク