2020年のDAZN(ダゾーン)サッカーまとめ【配信リーグや新機能を紹介】

2020年のDAZNサッカー

 

年間1,000を超えるサッカーの試合を配信しているDAZN(ダゾーン)。

2020年に入ってDAZNの存在は、サッカーファンの間ですっかり定着している印象です。

 

そこでこの記事では、2020年のDAZNサッカーについて、配信のあるリーグ・試合、さらには2020年新たに導入された新機能などをまとめています。

この辺りの気になるポイントについてご紹介。

 

 

スポンサーリンク

 

2020年のDAZN(ダゾーン)サッカー【配信リーグまとめ】

2020年もDAZNで配信のあるサッカーは以下のとおり。

新型コロナでサッカーが行われていない期間は、過去の人気試合やアニメのキャプテン翼などが配信されています。

 

 

2020年DAZNで配信されなくなった試合

また、これまでDAZNで配信されていた大会で、コロナの影響によって2020年大会がなくなったものがあります。

 

それが、「インターナショナル・チャンピオンズ・カップ」です。

この大会は、毎年シーズン開幕前の夏場に欧州クラブなどが参加して行うプレシーズンマッチ。

 

この大会はDAZNでの配信がなくなったというわけでなく、新型コロナの影響で2020年の大会自体が中止となったため、DAZNでの配信もなくなったというだけです。

コロナが収まり2021年度の大会が開催されれば、またDAZNでの配信があるかと思います。(通常は全試合ライブ配信・英語実況)

 

 

またブンデスリーガについても、2017-18シーズンでDAZNでの配信が終了して以降、ここ2シーズンは放映権をDAZNは手放しています。

ただ2020-21シーズンからの放送はまだ未決定であるため、DAZNでの復帰があるかもしれません。

わかりしだい更新します。

 

2020年DAZNに誕生した新機能

DAZNの英語表示

2020年、DAZNに新機能が誕生しました。

それは、「音声の切り替え」ができるようになったこと。(英語と日本語)

 

ただ、2020年4月時点、この機能はPCでは設定できますが、スマホでは設定できないことを確認済みです。

 

設定方法は以下のとおり。

これにより、切り替え対象可能試合であれば、選択したほうの言語で音声を聴くことができます。

両方の音声で視聴できるのは、「もともと日本語実況での配信がある試合で、英語実況もある海外の試合」が対象となっているようです。

Jリーグはもともと日本語実況のみなので、対象外。

 

この機能はDAZNで「海外サッカーを常に英語で視聴したい場合」や「苦手な実況・解説者でサッカーを見たくない場合」などに便利です。

 

【コロナ禍で解約者続出】2020年のDAZN今後の配信内容に注目

最後にまとめですが、現状のとおり、2020年3月~少なくとも5月までは新型コロナの影響でサッカーふくめスポーツ活動が停止しているため、DAZNではライブ配信で見られる試合がほぼありません。

 

このコロナ期間、DAZNでは過去の名試合を再配信していたり、キャプテン翼の配信なども行っています。

それでもサッカーの試合自体は現在行われていないため、DAZNを解約もしくは一時停止するユーザーが続出。

ライブ配信などリーグ戦の試合しか見ないのであれば、今はDAZNの利用を止めるのがベストな選択です。

⇒ DAZN利用の一時停止の方法についてはこちら

 

今後はシーズンの残りがどのように再開されるのか、また2020-21シーズンの配信内容にもサッカーファンとしては注目です。

またDAZNでは新機能が突然追加されたりするので、そちらもわかりしだい更新していきます。

 

スポンサーリンク