【ユーロ2020・クロアチア代表】メンバー・日程・対戦成績・予選結果

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hrvatski nogometni savez(@hns_cff)がシェアした投稿

 

 

 

 

【ユーロ2020クロアチア代表】メンバー・日程・対戦成績・予選結果

昨年のフランス戦&ポルトガル戦4試合には全敗…W杯に続いてユーロでも上位進出を狙うには「下剋上」が必要な立ち位置

5大会連続の出場と、ユーロ常連国となってきているクロアチア代表。

前回のロシアW杯では準優勝と躍進を遂げました。

 

しかし、ユーロではベスト8が最高成績。

前回大会では、王者となったポルトガルにベスト16で敗れています。

 

予選ではアゼルバイジャンと引き分けるなど苦戦もあったものの、最終的に5チーム中4チームがユーロ2020出場となったタフなグループを首位突破することに成功。

キャプテンでもあるMFモドリッチや得点源となったFWペリシッチ&ペトコヴィッチらの活躍が光りました。

 

ロシアW杯からはラキティッチやマンジュキッチらが代表引退を表明したものの、現在も当時の準優勝メンバーが多く残っており、ユーロでも上位進出へ期待がかかっています。

ただ、ロシアW杯以降はネーションズリーグでフランス&ポルトガルとの4戦に全敗、さらにカタールW杯予選でもスロベニアに敗戦スタートとなるなどしており、ユーロ2020本大会で優勝候補相手に勝ち切って上位進出を果たすには、まだ「下剋上」が必要となる立ち位置です。

 

それでも、クロアチア代表にはタレントが揃っており、ロシアW杯同様にサプライズを起こせるだけのチームではあります。

 

ユーロ2020・クロアチア代表メンバー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hrvatski nogometni savez(@hns_cff)がシェアした投稿

キャプテンのMFモドリッチ、MFコヴァチッチ&ブロゾヴィッチ、FWペリシッチ&クラマリッチなど選出

2021年5月17日、クロアチア代表のユーロ2020本大会メンバー26名が発表

ユーロ2020 クロアチア代表メンバー
監督:ズラトコ・ダリッチ (クロアチア国籍)
Pos 背番号 選手名 所属クラブ
GK 1 ドミニク・リヴァコヴィッチ ディナモ・ザグレブ
12 ロヴレ・カリニッチ ハイドゥク・スプリト
23 シモン・スルガ ルートン・タウン
DF 2 シメ・ヴルサリコ アトレティコ・マドリード
3 ボルナ・バリシッチ レンジャーズ
5 ドゥイェ・チャレタ=ツァル マルセイユ
6 デヤン・ロヴレン ゼニト・サンクトペテルブルク
16 ミレ・シュコリッチ オシエク
21 ドマゴイ・ヴィダ ベシクタシュ
22 ヨシプ・ユラノヴィッチ レギア・ワルシャワ
24 ドマゴイ・ブラダリッチ リール
25 ヨシュコ・グヴァルディオル ディナモ・ザグレブ
MF 4 イヴァン・ペリシッチ インテル
8 マテオ・コヴァチッチ チェルシー
10 ルカ・モドリッチ レアル・マドリード
11 マルセロ・ブロゾヴィッチ インテル
13 ニコラ・ヴラシッチ CSKAモスクワ
15 マリオ・パシャリッチ アタランタ
18 ミスラフ・オルシッチ ディナモ・ザグレブ
19 ミラン・バデリ ジェノア
26 ルカ・イヴァヌシェツ ディナモ・ザグレブ
FW 7 ヨシプ・ブレカロ ヴォルフスブルク
9 アンドレイ・クラマリッチ 1899ホッフェンハイム
14 アンテ・ブディミル オサスナ
17 アンテ・レビッチ ACミラン
20 ブルーノ・ペトコヴィッチ ディナモ・ザグレブ

※試合登録のメンバーは23名

 

ユーロ2020・クロアチア代表の試合日程・対戦国・対戦成績

クロアチア代表はグループ突破候補の2番手とされるが…【スコットランド戦は過去勝利なし】

グループステージ (グループD)
キックオフ
(日本時間)
対戦国 会場
(都市 / 国)
6/13 (日)
22:00
イングランド
(FIFAランク 4位)
ウェンブリー・スタジアム
(ロンドン / イングランド)
※イングランド代表との対戦成績:3勝2分5敗
6/19 (土)
1:00
チェコ
(FIFAランク 40位)
ハンプデン・パーク
(グラスゴー / スコットランド)
※チェコ代表との対戦成績:1勝2分0敗
6/23 (水)
4:00
スコットランド
(FIFAランク 44位)
ハンプデン・パーク
(グラスゴー / スコットランド)
※スコットランド代表との対戦成績:0勝3分2敗

⇒ ユーロ2020 (全グループ全試合日程・順位表)

 

クロアチア代表はユーロ2020の開催国に選ばれていません。

同グループのイングランド&スコットランドが開催国に選ばれているため、この2試合はアウェイ戦となります。

 

 

ロシアW杯で準優勝という結果を残したクロアチア代表は、このグループD突破候補でイングランドに次ぐ2番手とされています。

目標は過去最高となるベスト4進出を果たすことですが、まずはグループステージ突破を無事に果たせるかどうか。

初戦でいきなり優勝候補イングランドとあたるため、ラスト2戦での挽回が必要となりそうな対戦順です。

チェコにグループ2位の座を奪われてしまう可能性も否めません。

 

ただこのグループDでは、首位突破だと決勝トーナメント1回戦でグループF2位と対戦するため、フランス&ドイツ&ポルトガルのいずれかと対戦する可能性が高くなります。

一方、2位突破だとグループE2位と対戦するため、いきなりの優勝候補相手との対戦を避けられる可能性があります。

 

いずれにしても、決勝トーナメントへ進出することができればロシアW杯の再現の可能性も十分にあります。

 

クロアチア代表のユーロ2020予選結果

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hrvatski nogometni savez(@hns_cff)がシェアした投稿

5チーム中4チームがユーロ2020出場となったグループを首位で突破

日にち
(2019年)
H/A 勝敗 結果 対戦国
3/21 H 2-1 アゼルバイジャン
3/24 A 1-2 ハンガリー
6/8 H 2-1 ウェールズ
9/6 A 4-0 スロバキア
9/9 A 1-1 アゼルバイジャン
10/10 H 3-0 ハンガリー
10/13 A 1-1 ウェールズ
11/16 H 3-1 スロバキア
※8戦戦い、5勝2分1敗・17得点7失点
※グループ1位で、ユーロ2020本大会の出場権を獲得

⇒ ユーロ2020予選 (全グループ全試合結果)

 

クロアチア代表はユーロ予選を5勝2分1敗とまずまずの成績で突破。

敗れたのはアウェイでのハンガリー戦のみで、それ以外はスロバキアに4-0&3-1で勝利するなど、強さを見せつけました。

グループでもっとも格下のアゼルバイジャンには2-1&1-1と苦戦しましたが、最終的に5チーム中4チームがユーロ2020出場となったタフなグループを首位突破することに成功しています。

 

予選でのクロアチア代表最多ゴールをあげたのは、グループでもトップスコアラーとなったFWブルーノ・ペトコヴィッチで4ゴール。

ペトコヴィッチはアウェイでのスロバキア戦、ゴール前での見事な個人技からゴールを奪っています。

次いで3ゴールをあげたのが、FWペリシッチとMFヴラシッチ。

ただ、クロアチア代表はユーロ予選首位突破を果たしたチームの中の総合順位では最下位でした。

 

ペリシッチやペトコヴィッチらは今も健在で、ユーロ2020本大会でもチーム中心のスコアラーとして期待がかかります。

 

クロアチア代表FWペトコヴィッチが見事な個人技からゴール!【ユーロ予選スロバキア戦】

 

【クロアチア代表】直近の親善試合結果

2020年以降は半分の試合で敗戦…格上相手には失点数も多め

※ユーロ2020予選終了後~本大会までに行った全試合 (随時更新)

日にち H/A 勝敗 結果 対戦国 種目
2020年
9/5
A 1-4 ポルトガル UNL
9/8 A 2-4 フランス UNL
10/7 A 2-1 スイス 親善試合
10/11 H 2-1 スウェーデン UNL
10/14 H 1-2 フランス UNL
11/11 A 3-3 トルコ 親善試合
11/14 A 1-2 スウェーデン UNL
11/17 H 2-3 ポルトガル UNL
2021年
3/24
A 0-1 スロベニア W杯予選
3/27 H 1-0 キプロス W杯予選
3/30 H 3-0 マルタ W杯予選
6/1 H 1-1 アルメニア 親善試合
6/6 A   ベルギー 親善試合
※12試合を行い、4勝2分6敗の成績

※UNL=UEFAネーションズリーグ2020-21

 

クロアチア代表は2020年から現在まで12試合を行い、半分の試合に敗れています。

ネーションズリーグではW杯王者フランス&欧州王者ポルトガルと一緒のタフなグループに入ったこともありますが、それでもこの2チームとの対戦4試合で1試合も引き分けることすらできませんでした。

ロシアW杯決勝の再現となったフランス戦、アウェイでの試合はそのときと同じく2-4のスコアで敗戦。

格上相手に失点数が多いのも気になります。

ただそれでも、スウェーデンとは最終順位で得失点差「1」上回り、最下位を回避しています。

 

 

ロシアW杯以降はやや力を落としているようにも見えますが、W杯に続いてユーロでも再びサプライズを起こすのかどうかに注目が集まります。

スポンサーリンク