【ユーロ2020ウェールズ代表】メンバー・日程・対戦成績・予選結果

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Cymru 🏴󠁧󠁢󠁷󠁬󠁳󠁿(@fawales)がシェアした投稿

 

 

 

 

【ユーロ2020ウェールズ代表】メンバー・日程・対戦成績・予選結果

ウェールズ代表が目指すは最初の2戦で勝ち点4【ギグス監督は本大会で指揮が執れず】

前回ユーロ2016で初出場ながらいきなりベスト4進出を果たしたウェールズ代表は、2大会連続の出場。

 

予選ではクロアチア&スロバキア&ハンガリーらと一緒のライバルの多いグループに入ったものの、スロバキア&ハンガリーを上回り、クロアチアに次ぐ2位で出場権獲得に成功しました。

予選では、FWベイル&ムーアとMFラムジーがそれぞれ2ゴールを記録しています。

 

ユーロ2020本大会ではイタリア&スイス&トルコと一緒のグループとなりましたが、イタリアの突破は堅く、ウェールズ代表はスイス&トルコともう1枠を争うことになりそうで、この争いはかなり拮抗した戦いが予想されています。

ウェールズ代表としては3戦目がイタリア戦のため、最初の2戦でどれだけ勝ち点をとれるかがポイントとなります。

 

ただ、ウェールズ代表はギグス監督が暴行罪によって起訴されているためユーロ2020本大会で指揮が執れず、監督代理としてロバート・ペイジ氏が指揮を執りますが、この影響がどの程度あるのかも気になるところ。

 

前回大会に続いてのベスト4入りは難しいとされているウェールズ代表ですが、決勝トーナメント進出は果たしたいところです。

 

ユーロ2020・ウェールズ代表メンバー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Cymru 🏴󠁧󠁢󠁷󠁬󠁳󠁿(@fawales)がシェアした投稿

キャプテンのFWベイル(トッテナム)やMFラムジー(ユヴェントス)など順当にメンバー入り【3月W杯予選で代表を追放されたFWロバーツが復帰】

ユーロ2020 ウェールズ代表メンバー
監督:ロバート・ペイジ (ウェールズ国籍)
   ※ライアン・ギグス監督の代理
Pos 背番号 選手名 所属クラブ
GK 1 ウェイン・ヘネシー クリスタル・パレス
12 ダニー・ウォード レスター・シティ
21 アダム・デイヴィス ストーク・シティ
DF 2 クリス・ガンター チャールトン・アスレティック
3 ネコ・ウィリアムズ リヴァプール
4 ベン・デイヴィス リヴァプール
5 トム・ロッキャー ルートン・タウン
6 ジョー・ロドン トッテナム
14 コナー・ロバーツ スウォンジー・シティ
15 イーサン・アンパドゥ シェフィールド・ユナイテッド
17 リース・ノリントン=デイヴィス ストーク・シティ
22 クリス・メファム ボーンマス
24 ベン・カバンゴ スウォンジー・シティ
MF 7 ジョー・アレン ストーク・シティ
8 ハリー・ウィルソン カーディフ・シティ
10 アーロン・ラムジー ユヴェントス
16 ジョー・モレル ルートン・タウン
18 ジョナサン・ウィリアムズ カーディフ・シティ
19 デイヴィッド・ブルックス ボーンマス
20 ダニエル・ジェイムズ マンチェスター・ユナイテッド
23 ディラン・レヴィット イストラ1961
25 ルビン・コルウィル カーディフ・シティ
26 マシュー・スミス ドンカスター・ローヴァーズ
FW 9 タイラー・ロバーツ リーズ・ユナイテッド
11 ガレス・ベイル トッテナム
13 キーファー・ムーア カーディフ・シティ

※試合登録のメンバーは23名

 

ユーロ2020・ウェールズ代表の試合日程・対戦国・対戦成績

狙うは「初戦スイス戦&第2戦トルコ戦で勝ち点4」

グループステージ (グループA)
キックオフ
(日本時間)
対戦国 会場
(都市 / 国)
6/12 (土)
22:00
スイス
(FIFAランク13位)
バクー・オリンピック・スタジアム
(バクー / アゼルバイジャン)
※スイス代表との対戦成績:2勝0分5敗
6/17 (木)
1:00
トルコ
(FIFAランク29位)
バクー・オリンピック・スタジアム
(バクー / アゼルバイジャン)
※トルコ代表との対戦成績:3勝1分2敗
6/21 (月)
1:00
イタリア
(FIFAランク7位)
スタディオ・オリンピコ
(ローマ / イタリア)
※イタリア代表との対戦成績:2勝0分7敗

⇒ ユーロ2020 (全グループ全試合日程・順位表)

 

ウェールズ代表はユーロ2020の開催国に選ばれていません。

グループステージ対戦国のイタリアが開催国に選ばれているため、第3戦イタリア戦はアウェイ戦になります。

 

 

ウェールズ代表は前回ユーロ2016で初出場ながらいきなり4強入りを果たしましたが、今回ユーロ2020では決勝トーナメント進出が目標となりそうです。

 

このグループAではイタリアのグループ突破は堅いため、ウェールズ代表はスイス&トルコと残り1枠を争うことになるでしょう。(3位でも他グループの結果次第で突破可能)

 

とくにウェールズ代表としては、イタリア戦が3戦目なのはポジティブにとらえることができ、最初の2試合はバクーで連続で試合を行うことができるのため、試合ごとにバクー~ローマを移動することになるスイスよりはコンディション面で有利となりそうです。

 

ただそう考えると、スイスは是が非でも初戦ウェールズ相手に勝利を狙いにくることが予想され、このスイス戦に敗れてしまうとウェールズ代表としてはグループ突破へ難しい状況となってしまいます。

ウェールズ代表の理想は「初戦スイス戦&第2戦トルコ戦で合計勝ち点4」で、これを達成できればグループ突破の可能性は非常に高くなります。

 

監督のライアン・ギグス氏はユーロ2020で指揮が執れませんが、代理監督のもと、まずは初戦スイス戦で「最低でも引き分け」が求められます。

 

ウェールズ代表のユーロ2020予選結果

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Cymru 🏴󠁧󠁢󠁷󠁬󠁳󠁿(@fawales)がシェアした投稿

ウェールズ代表は最終戦勝たなきゃいけない状況で見事勝利し出場権を獲得

※ウェールズ代表のユーロ2020予選結果

日にち
(2019年)
H/A 勝敗 結果 対戦国
3/24 H 1-0 スロバキア
6/8 A 1-2 クロアチア
6/11 A 0-1 ハンガリー
9/6 H 2-1 アゼルバイジャン
10/10 A 1-1 スロバキア
10/13 H 1-1 クロアチア
11/16 A 2-0 アゼルバイジャン
11/19 H 2-0 ハンガリー
※8戦戦い、4勝2分2敗・10得点6失点
※グループ2位で、ユーロ2020本大会の出場権を獲得

⇒ ユーロ2020予選 (全グループ全試合結果)

 

ウェールズ代表にとっては、レベルの拮抗したチームがそろったタフな予選グループでした。

 

クロアチア&スロバキア&ハンガリーとは常に一進一退の争いが続き、最終戦を前にウェールズ代表は順位で3位となっていたため、最終戦ハンガリー戦では出場のためには勝利しかない状況でした。

そんな中ホームで迎えた大一番、ウェールズ代表はMFラムジーの2ゴールで見事ハンガリーに2-0で勝利し、逆転で出場を決めたという素晴らしい試合を披露しました。

 

予選で複数得点をあげたのはキャプテンのFWベイル、そしてFWムーア&MFラムジーで、2ゴールを記録。

3ゴール以上あげた選手はおらず、予選でのウェールズ代表総得点数も10ゴールにとどまっています。

 

それでもやはり、31歳ベイルはチームの中心として躍動しました。

 

ウェールズ代表ベイルがユーロ予選クロアチア戦でゴール!

 

【ウェールズ代表】直近の試合結果

ネーションズリーグは負けなしでリーグA昇格【ユーロ2020優勝候補との試合には全敗】

※ユーロ2020予選終了後~本大会までに行った全試合 (随時更新)

日にち H/A 勝敗 結果 対戦国 種目
2020年
9/3
A 1-0 フィンランド UNL
9/6 H 1-0 ブルガリア UNL
10/8 A 0-3 イングランド 親善試合
10/11 A 0-0 アイルランド UNL
10/14 A 1-0 ブルガリア UNL
11/12 H 0-0 アメリカ 親善試合
11/15 H 1-0 アイルランド UNL
11/18 H 3-1 フィンランド UNL
2021年
3/24
A 1-3 ベルギー W杯予選
3/27 H 1-0 メキシコ 親善試合
3/30 H 1-0 チェコ W杯予選
6/2 A 0-3 フランス 親善試合
6/5 H 0-0 アルバニア 親善試合
※13試合を行い、7勝3分3敗の成績

※UNL=UEFAネーションズリーグ2020-21

 

ウェールズ代表は2020年以降の試合結果で良い成績を残しています。

ネーションズリーグでは5勝1分と好成績を残してリーグA昇格を確定。

ただ、ユーロ2020でいわゆる優勝候補と言われているイングランド&ベルギー&フランスとの3戦にはすべて敗れています。

 

また、勝利した7試合のうち6試合はすべて1-0で勝利したもので、1点を争うギリギリの戦いに勝利できる力を持っています。

 

 

前回ユーロに続いて今回ユーロ2020でもサプライズを起こすことができるのか、今大会のウェールズ代表にも注目です。

 

スポンサーリンク